ロードテスト BMW X2 ★★★★★★★☆☆☆

公開 : 2019.10.05 11:50

意匠と技術 ★★★★★★★★☆☆

X2のプラットフォームであるUKL2は、ミニブランドの大型モデルや、ついに前輪駆動ベースとなった第3世代の1シリーズとシェアするコンポーネンツ。生産するのも新型1シリーズと同じ、ドイツのレーゲンスブルク工場だ。

ここ最近のBMWが採っているスモールカー戦略を把握しているなら、このクルマがエンジンをフロントに横置きし、前輪駆動を主体にラインナップしていることはご存知だろう。

多くの車種に用いられるB48ユニットのバリエーションでは、このMパフォーマンス仕様が最強だ。
多くの車種に用いられるB48ユニットのバリエーションでは、このMパフォーマンス仕様が最強だ。    LUC LACEY

今回のM35iはしかし、二輪駆動ではない。Mパフォーマンス初となる4気筒は強烈な306psを発揮。B48型2.0L直4ターボのバリエーションはミニ・クーパーS用からBMW530e用まで多岐にわたるが、今回の新たなパフォーマンス仕様は、大型化したメインベアリングを備える新たなクランクシャフトや、新設計のピストンと吸気システムを備え、ほかのバージョンより大きなターボチャージャーに合わせて圧縮比が下げられている。

最高出力の306psは、1750rpmから発生した最大トルクの45.9kg-mが下がり始めた直後に発生。このサイズのクルマには十分すぎるトルクだと思うだろうが、それはMディビジョンのエンジニアたちも同様だろう。それだけに、クラッチ方式の四輪駆動を組み込んだのだ。リアアクスルに装備されたそれは、ほかの4WD版X2とは異なるシステム。また、フロントアクスルに採用されたLSDが路面へのパワー伝達を補助する。

電動パワーステアリングは、専用スペックに再チューン。ギアレシオは、ほかのX2が15.9:1なのに対し、M35iは15.0:1だ。

Mスポーツ仕様のローダウンサスペンションや高性能版ブレーキ、20インチのホイールとランフラットタイヤは標準装備だが、アダプティブダンパーはオプションのMスポーツプラスパッケージに含まれる。ただし、アダプティブダンパーに組み合わせるタイヤとホイールは19インチになる。

ボディカラーは6色用意されるが、どれも専用色ではない。逆に、ほかのX2との識別点となるのがセリウムグレーのボディトリム。ドアミラーカバーやキドニーグリルのフレーム、テールパイプが変更される。これがとくに好みではないというテスターも、少なくともグロスブラックやクロームとの差別化としてはおもしろいという意見だ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

BMWの人気画像