ロードテスト マツダ3 ★★★★★★★★☆☆

公開 : 2019.11.23 11:50  更新 : 2019.12.10 17:14

内装 ★★★★★★★★★☆

マツダは、インテリアの水準をグンと引き上げた。それは先代比だけでなく、セグメント全体を見回してもそういえる。リッチなマテリアルや、全体的な手触りや感覚的な点で、新型3はフォード・フォーカスなどを一蹴する。かつては疑いなくこのクラスの王者だったフォルクスワーゲン・ゴルフでさえ、もはやその方面で際立った存在ではなくなった。

新型3のアピールのキーは、広島のデザインティームが生み出したミニマリズムとユーザーフレンドリー、みごとなマテリアルのチョイスのバランスだ。

インテリアの質感は、クラストップに躍り出るものだ。
インテリアの質感は、クラストップに躍り出るものだ。    LUC LACEY

段状のダッシュボードは雑然さとは無縁で、実体操作系はエアコンのそれのみを備える。みごとに整ったシンメトリカルなデザインはもちろん、マツダ車のスイッチ類に共通する手触りのクオリティもすばらしい。

8.8インチのインフォテインメントディスプレイはドライバーの視線上に配置。優美で彫りの深い境界線が、アナログメーターの周辺から流れるような曲線が積み重なったダッシュボードを構成する。

オプションのバーガンディレザーとダークなソフトタッチのプラスティックはデザインをより引き立て、暗色のレザーとグロスブラックのプラスティック、ポリッシュ仕上げのクロームトリムは、キャビンの高級感や洗練性に寄与している。

しかし、広さに関してはそれに及ばない。後席はやや囲まれ感があるが、これはヘッドルームの不足と、幅広いCピラーがもたらすものだ。ヘッドルームの実測値はゴルフのそれに60mm届かない890mmで、レッグルームは同等の690mmだ。

荷室容量は351Lと平均的。ハッチバックの開口部はアクセスしやすいが、手前の段差は大きい。広さは十分にあるのだが、実用性ではフォーカスやゴルフの方が上だ。ちなみに、ライバル両車の容量は375Lと380Lだ。

関連テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

マツダ 3の人気画像