カーレビュー

2019.03.02

ロードテスト フォード・フォーカス ★★★★★★★★★☆

フォード・フォーカスSTラインX 1.5エコブースト 182ps

テスト日 : 2019年2月20日

価格 : 2万5650ポンド(約385万円)

編集部より

欧州Cセグメントを、卓越した走りでリードしてきた実用ハッチバックがフルモデルチェンジしました。動力性能は及第点ながら、シャシーは期待を裏切らない出来栄え。内装の質感はライバルに見劣りしますが、そのハンドリングの前では些細な問題です。

もくじ

はじめに
意匠と技術
内装
走り
使い勝手
乗り味
購入と維持
スペック
結論

はじめに

4代目フォード・フォーカスは、段階的にグレードや機種を増やすかたちで市場導入が進められてきたが、そろそろフォードは一旦コンプリートと宣言しそうだ。昨年夏に5ドアのハッチバックが投入され、続いて秋にエンジンの追加機種やワゴンボディ、最上位グレードのヴィニャーレを設定。そして先ごろ、新型フォーカスSTが発表された。また、近々われわれは目玉になりそうなモデル、クロスオーバー風のフォーカス・アクティブも登場する。徐々に、ピースは揃おうとしている。

出し惜しみをしたからといって、それでフォーカスの人気が損なわれることはないだろう。2018年は主要機種が切り替わる年であったにも関わらず、英国での販売台数はトップ3に肉薄する第5位に入った。2019年、欧州の新車販売でトップ10に食い込んでもおかしくないと目される。

そうなればフォードは、売れ筋のファミリーハッチの順当な出来栄えに、控えめながらも満足するに違いない。しかし、フォーカスの魂はどうなのだろうか。予想以上に待たされたけれども、今回は、ST登場前の現時点では運動性能面で最上スペックのフォーカスをテストすることができる。セグメントでドライバー志向がもっとも高いハッチバックの最新作が、どれほどスポーティで走りに没頭させるクルマなのか、それを検証できるというわけだ。ボンネットの下には、フォードの1.5ℓ直3ターボガソリンのうち、最強版となる182ps仕様が搭載される。リアにはコントロールブレードと銘打たれる洗練度を高めたサスペンションが採用され、STラインXに標準装備の18インチホイールと、オプションの連続制御式アダプティブダンパーが装備される。

それゆえ、このテスト車は4代目フォーカスのラインナップの中でも、運動性能における新たなステップを刻むものに違いない。果たして、どんな走りを見せてくれるのだろうか。

 

意匠と技術 ▶ 内装 ▶ 走り ▶ 使い勝手 ▶ 乗り味 ▶ 購入と維持 ▶ スペック ▶ 結論

next page意匠と技術

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ