ロードテスト マツダ3 ★★★★★★★★☆☆

公開 : 2019.11.23 11:50  更新 : 2019.12.10 17:14

快適性/静粛性 ★★★★★★★☆☆☆

トーションビームのリアサスペンションとパッシブダンパーの採用に、異を唱える向きもあるかもしれない。ファミリーカーのハッチバックでも、いまやスポーティなものは四輪独立懸架が普通になっているからだ。

主要なライバルの多くはより複雑なマルチリンクを採用し、なかにはオプションでアダプティブダンパーを用意するものさえある。それらのどれも、ワクワクする走りを売りにしているわけではないことをお忘れなく。

よほど荒れた路面でなければ乗り心地は良好。静粛性も高い。
よほど荒れた路面でなければ乗り心地は良好。静粛性も高い。    LUC LACEY

マツダは、なんの確証もなくこうしたトレンドに逆行したわけではない。ゴルフや、もっとスポーティなフォーカスなどと比べても、マツダ3のリアアクスルは、路面をガッチリ捉えているといえるのだ。

極めてスムースな路面なら、乗り心地の面でそれが問題になることはない。しかし、荒れた路面へその端正なマスクを向けたときには、セカンダリーライドが必要以上に活発になる。

とはいえ、プライマリーライドのコンフォートはおおむね良好だ。大きな突き上げもうまくいなし、沈み込みもかなり落ち着いている。

この上なくみごとに仕立てられたキャビンは、静粛性も実に優れている。低速クルージング中にはエンジン音も風切り音もロードノイズもないわけではないが、このクルマの評判を落とすほどではない。

定常的な苛立ちのもとがあるとすれば、前述したビジーなセカンダリーライドのみだが、それも荒れた路面でのみの話だ。

関連テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

マツダ 3の人気画像