【タイカンのベストはEVのベスト】ポルシェ・タイカン 4S 航続距離407km

公開 : 2019.12.18 09:50  更新 : 2021.02.10 17:27

現実的に利用可能なパフォーマンスを備えたタイカン 4S。スペック上はターボより若干穏やかでも、EVベストといえる優れたドライビングが味わえます。ターボの必要性を感じさせないという4Sを、アメリカで評価しました。

もくじ

ターボやターボSの性能は本当に必要か?
4Sはモーターやインバーターが異なる
タイカンに並ぶモデルは目下存在しない
最高評価を得るべきはタイカン4S
ポルシェ・タイカン 4Sのスペック

ターボやターボSの性能は本当に必要か?

text:Andrew Frankel(アンドリュー・フランケル)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
もしポルシェ・タイカンの購入を考えているのなら、まず初めに確認したいグレードが4S。追加の3万2000ポンド(448万円)か5万5000ポンド(770万円)を支払って、さらに高性能なターボやターボSが本当に必要なのか、自問した方が良いだろう。

恐らく一度も発揮することがないであろう過剰気味のパワーや、必要と思えなさそうな装備類、トランクリッドに追加されるエンブレムがなくても良いのなら、4Sを選ぶべき。残ったお金は別の所で活用できる。

ポルシェ・タイカン 4S
ポルシェ・タイカン 4S

多くのドライバーにとって、4Sこそタイカンの看板メニューだといえる。トップグレードでないと揶揄されるのでは、という不要な虚栄心を持たない大人にこそ、筆者は4Sを強く推したい。

追加したいオプションは、4613ポンド(64万円)の大容量バッテリー。これはタイカン・ターボであっても標準装備ではない。オプションで79.2kWhから93.4kWhへと容量を大きくできる。

航続距離を伸延できるだけでなく、充電時間も短縮され、走行性能自体も高められる。すべての面でメリットがある。

現在のエントリーグレードとなるタイカン4Sだが、0-100km/h加速は4.0秒と不足は一切ない。電気モーターは瞬発的に最大トルクが得られるから、ドライバーによっては気持ちが悪くなるような加速体験にすらなり得る。

4Sはモーターやインバーターが異なる

そのまま加速を続けると、160km/hには8.5秒で到達。このダッシュ力に不満を感じるのは余程若々しい気持ちのドライバーくらいだと思う。

むしろロースペック側にあるタイカンですら、日常的な使用環境を超えた次元で、どんなスピードへも短時間に到達できる。望んだ通りの加速力で、望んだ通りのスピードで移動できるはず。

ポルシェ・タイカン 4S
ポルシェ・タイカン 4S

電気モーターはフロントとリアに1基づつ搭載されており、4輪駆動となる。ターボやターボSと変わらない。多くのEVと異なり、タイカンが採用するのは電圧800Vのシステム。

サスペンションは4輪ともにトリプルチャンバーによるエアスプリングを採用する。ポルシェ製のPASMアダプティブ・ダンパーも標準装備だ。

内容的に、タイカン 4SのパワートレインはターボやターボSのものと基本的に同一で、ソフトウエア制御の設定だけの違いでは、と疑うかもしれない。ソフトウエアを書き換えれば、タイカン 4Sに750psが与えられると想像するかもしれないが、それは間違い。

タイカン 4Sに搭載される2基のモーターは、ターボのものより一回り小さい。さらにターボをターボSにすることも難しいだろう。ターボに搭載されるインバーターは、4Sと同じ300アンペアだが、ターボSには600アンペアのインバーターが積まれているのだ。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事