【8シリーズの一番人気予想】BMW 840d グランクーペに試乗 320psディーゼル

公開 : 2020.01.01 10:20

エモーショナルな4ドアボディにディーゼルエンジンを搭載したBMWの新しいフラッグシップ・モデル。合理的なパワートレインで優れたダイナミクス性能を得ていますが、実用性の面ではライバルに軍配。英国で評価しました。

もくじ

8シリーズで1番人気予想のグランクーペ
2ドア比で230mm長く95kg重い
鋭いハンドリングと高いグリップ力
グランドツアラーには少々硬すぎる
多くの人が望む8シリーズ像といえるのか
BMW 840d xドライブ・グランクーペのスペック

8シリーズで1番人気予想のグランクーペ

text:Matt Saunders(マット・ソーンダース)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
2ドアクーペに2ドアのカブリオレ、4ドアクーペが用意された最新の8シリーズ。エンジンも6気筒ガソリンと8気筒ガソリン、6気筒ディーゼルがラインナップされている。

組合せは結構幅広い。だが一部の読者にとって、グランクーペのディーゼルは最も興味を抱くBMW 8シリーズとなるだろう。

BMW 840d xドライブ・グランクーペ
BMW 840d xドライブ・グランクーペ

BMWとしても、8シリーズの中で最も高い人気を予想するのが、4ドアのグランクーペ。優雅で大きなボディを備えたグランドツアラーでありつつ、優れた実用性も持ち合わせている。

4ドアの840d xドライブ・グランクーペは、価格の面では8シリーズの中ではお手頃な部類に属する。ちなみに英国で選ぶことができる8シリーズで、最も身近な価格であり唯一の後輪駆動となるのが、直6ガソリンを搭載した840iとなる。

2019年の初めに、2ドアクーペとなる8シリーズのロードテストを行った。搭載されていた6気筒ディーゼルの効率の良さや、柔軟性が生む高速クルージング性能は素晴らしいものだった。知的でモダンな、抑制の効いたインテリアデザインにも高い評価が集まった。

一方でスチール製スプリングのサスペンションは、グランドツアラーに期待する乗り心地には及ばなかった。どちらかというと、操縦を楽しむ一回り小さなBMWに適したシャシーに思えた。4ドアクーペはどだろうか。

2ドア比で230mm長く95kg重い

英国に導入される4ドアクーペは、すべてがMスポーツ。20インチのアルミホイールとMスポーツ・ブレーキが標準装備となる。ランフラットタイヤを避けるなら、オプションのMスポーツ・テクニック・パッケージを選択すると良い。

ブレーキが更にワンランク良いものになり、アクティブ・トルクベクタリング機能を備えるリアデフも付く。ただし、今回の試乗車には付いていなかった。4輪操舵は標準装備となる。

BMW 840d xドライブ・グランクーペ
BMW 840d xドライブ・グランクーペ

8シリーズの4ドアと2ドアの違いは、ドアの枚数以外にも少なくない。ボディは全長が230mm以上伸ばされ、幅も高さも大きくなっている。ホイールベースは201mm長い。4ドアクーペの車重は2ドアクーペより95kg重いが、2ドアのカブリオレよりは若干軽い。

4ドアでありながらクーペのシルエットを描くために、ルーフラインは短くなったトランクリッドまでなだらかに傾斜している。トランクリッドは4ドアクーペ固有のデザインで、ダックテール・スポイラーの立ち上がりは強められている。

グランクーペのドライバーは、より実用主義の4ドアサルーンとの違いに満足できるだろう。筆者としては8シリーズの中では、どちらかというと2ドアクーペの方がルックス的には魅力を感じる。

新しい8シリーズのボディデザインは、路上の注目を集める訴求力を備えているといえるだろうか。初代のE31型8シリーズのように。これまで何度かこの話題になったが、新しい8シリーズの発表時に初代8シリーズのカタログを見て、強くそう感じてしまった。

関連テーマ

 
最新試乗記