【8シリーズの一番人気予想】BMW 840d グランクーペに試乗 320psディーゼル

2020.01.01

サマリー

エモーショナルな4ドアボディにディーゼルエンジンを搭載したBMWの新しいフラッグシップ・モデル。合理的なパワートレインで優れたダイナミクス性能を得ていますが、実用性の面ではライバルに軍配。英国で評価しました。

もくじ

8シリーズで1番人気予想のグランクーペ
2ドア比で230mm長く95kg重い
鋭いハンドリングと高いグリップ力
グランドツアラーには少々硬すぎる
多くの人が望む8シリーズ像といえるのか
BMW 840d xドライブ・グランクーペのスペック

8シリーズで1番人気予想のグランクーペ

text:Matt Saunders(マット・ソーンダース)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
2ドアクーペに2ドアのカブリオレ、4ドアクーペが用意された最新の8シリーズ。エンジンも6気筒ガソリンと8気筒ガソリン、6気筒ディーゼルがラインナップされている。

組合せは結構幅広い。だが一部の読者にとって、グランクーペのディーゼルは最も興味を抱くBMW 8シリーズとなるだろう。

BMW 840d xドライブ・グランクーペ
BMW 840d xドライブ・グランクーペ

BMWとしても、8シリーズの中で最も高い人気を予想するのが、4ドアのグランクーペ。優雅で大きなボディを備えたグランドツアラーでありつつ、優れた実用性も持ち合わせている。

4ドアの840d xドライブ・グランクーペは、価格の面では8シリーズの中ではお手頃な部類に属する。ちなみに英国で選ぶことができる8シリーズで、最も身近な価格であり唯一の後輪駆動となるのが、直6ガソリンを搭載した840iとなる。

2019年の初めに、2ドアクーペとなる8シリーズのロードテストを行った。搭載されていた6気筒ディーゼルの効率の良さや、柔軟性が生む高速クルージング性能は素晴らしいものだった。知的でモダンな、抑制の効いたインテリアデザインにも高い評価が集まった。

一方でスチール製スプリングのサスペンションは、グランドツアラーに期待する乗り心地には及ばなかった。どちらかというと、操縦を楽しむ一回り小さなBMWに適したシャシーに思えた。4ドアクーペはどだろうか。

 
最新試乗記

人気記事