【124ps版でも不満はなし】フォード・プーマ STラインXへ試乗 マイルドHV

公開 : 2020.02.27 10:20

コンパクトSUVの中でも、既にクラスリーダー的な位置にあると思われるフォード・プーマ。以前に155ps版へ試乗していますが、124ps版の仕上がりはどうでしょうか。18インチを履くスポーティなSTラインを、英国編集部が評価しました。

もくじ

低出力版の124psエンジンに試乗
スムーズで静かな3気筒ターボ
英国の道なら17インチと標準サス
将来も有望なニューカマー
フォード・プーマ STラインXのスペック

低出力版の124psエンジンに試乗

text:Autocar(オートカー)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
フォード製コンパクトSUVとしては2番目のモデルとなる、プーマ。その仕上がりの良さは、多くの波風を起こしたといって良い。ちなみにフォード最初のコンパクトSUVはエコスポーツと呼ばれるクルマで、既に6年が経過している。

AUTOCARの姉妹サイトによれば、多くのユーザーからの注目も集めているようだし、サイトのカーオブザイヤーも受賞してしまった。冴えないエコスポーツとは、明確な違いがある。

フォード・プーマ STラインX(英国仕様)
フォード・プーマ STラインX(英国仕様)

素晴らしいスタイリングに、デザインの行き届いたインテリア。充分に良いスペックと、理想的なボディサイズ。コンパクトSUVクラスのトップへ割り込むのに、不足なさそうだ。

それではエンジンはどれが良いのだろう。フォード・プーマには、124psと155psの、2種類の3気筒エンジンが用意され、マイルドハイブリッドを搭載する。124psの方が750ポンド(10万円)ほど節約できるが、費用分の見返りはあるのだろうか。

そして英国市場には3種類のグレードが存在し、サスペンションとホイールの組み合わせが異なる。17インチホイールの通常のサスペンションを装備するチタニウム。17インチホイールにスポーツサスペンションが付くSTライン。そして、18インチホイールにスポーツサスペンションのSTラインX。

どの組み合わせが、ハンドリングと乗り心地を最も両立させるのか。既に155psのクルマには試乗済みだから、今回は124psのエンジンの、STラインXを選んでみた。試乗コースは、ロンドン周辺のかなりチャレンジングなルートを設定している。

スムーズで静かな3気筒ターボ

導入当初に設定されるファーストエディションには、運転支援システムとLEDヘッドライト、キーレスエントリーにパワーテールゲートなど、専用装備を追加。価格は2300ポンド(32万円)増しとなるが、内容としてはお買い得といえる。

試乗車にはグレーマターと呼ばれる750ポンド(10万円)の特別色が塗られ、価格は2万5945ポンド(371万円)。フィエスタをベースとするSUVにしては、流石に高く感じられてしまうだろう。

フォード・プーマ STラインX(英国仕様)
フォード・プーマ STラインX(英国仕様)

だが、これまでプーマが得てきた優れた評価は、このグレードであっても当てはまる。スタイリングは写真で見る以上にカッコいいし、インテリアは従来然としたデザインながら、仕立ての良いビジネススーツのように上品。

控えめなパワーの1.0L 3気筒エンジンは、スムーズに良く回る。低回転域から信じられないほど活発にプーマを引っ張る。スタート時には、15psと5.1kg-mをアシストするスターター・ジェネレーターが有効に機能しているのだろう。

一方で回転数を高めた時の、155psが備えるエネルギッシュさには欠ける。124ps版でも充分に良く走るとはいえるが、155ps版の持つ中高回転域での活発さは、STラインのスポーティな性格ともマッチすると思う。

どちらのエンジンも、滑らかさと静寂性は最も秀でた長所。クルマ全体の上質感にも結びついている。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事