【超音速と呼ばれたGT】イタリアボディのジャガーXK120スーパーソニック 後編

公開 : 2020.03.21 16:50  更新 : 2020.12.08 10:55

多才なスーパーソニックの父

常にネクタイを着用していたサヴォンヌッツィは、評価の高いドライバーでもあった。彼のデザインしたクルマをテストし、エンジニアやメカニックからの尊敬も厚かった。

シチタリアがグランプリ・チャレンジャーを制作する計画を発表すると、サヴォンヌッツィはシチタリアを抜け、自身の会社となるSVA社をトリノに構える。そこでフリーランス・デザイナーとして、今回のスーパーソニックを生み出した。

ジャガーXK120スーパーソニック(1953年)
ジャガーXK120スーパーソニック(1953年)

1954年になると、ギア社に常任のテクニカル・ディレクターに就く。最初の作品には、アルファ・ロメオ1900スーパースプリントがある。高く浮いたヘッドライトに、クロームメッキのフロントグリル、フォルクスワーゲン・カルマンギアにも似たルーフラインなどが特徴だ。

またアメリカの自動車メーカーとのコラボレーションを始めた、デザイナーのルイジ・セグレと共同し、先進的なデザインを手掛ける。フォード・フューチュラやギア・ギルダ、ギア・フェラーリ210スーパーソニックなどを生み出した。

1957年には渡米。クライスラーのタービン研究部門のチーフエンジニアに就任する。最終的には実らなかったが、1963年のタービンカーの開発にも深く関わっている。

サヴォンヌッツィは1969年にイタリアへ戻り、オルバサノ研究センターのディレクターと、航空部門のコンサルタントとしてフィアットへ再入社。退職後はトリノ工科大学の教授に就任し、1987年にこの世を去った。

このジャガーXK120スーパーソニックとサヴォンヌッツィとの結びつきを知る人は多くはない。手掛けたクルマの多様さが、彼の多彩さを裏付けている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

ジャガーの人気画像