【最高の小型ハッチバックを探せ】スーパーミニ・メガテスト 勝利のカギは全方位の魅力 3位〜1位 前編

公開 : 2020.05.17 08:50  更新 : 2021.03.05 21:37

見事な成果

見事なルックスで十分なサイズを持つ扱いやすいベンチレーションコントロールと、それに呼応するかのようなクロームフィニッシュのウインドウスイッチが上質さを感じさせる。

ついにルノーは正しい空間設計の在り方というものを発見したのかも知れない。

クリオの後席にはややスペースが不足している。それでも、幼いこどもがいてベビーカーが必要不可欠なドライバーに、クリオは他の2台を大きく凌ぐトランクスペースを確保している。ポロの351L、フィエスタの292Lに対する366Lという容量だけでなく、より長さのある品物を積み込むことも可能だ。
クリオの後席にはややスペースが不足している。それでも、幼いこどもがいてベビーカーが必要不可欠なドライバーに、クリオは他の2台を大きく凌ぐトランクスペースを確保している。ポロの351L、フィエスタの292Lに対する366Lという容量だけでなく、より長さのある品物を積み込むことも可能だ。

路上でのクリオも、その正確で見事なレシオのステアリングによって強い印象を残す。

ライバルほどではないかも知れないがこのクルマのターボエンジンは必要十分なトルクを発揮しており、わずか5段のマニュアルギアボックスを介してそのトルクを伝達するクリオは、運転のしやすさでも優れている。

さらに、メカニカル面における洗練も驚くべきレベルに達しており(それでも時にはやや騒々しさを感じさせ、その見事な走りに粗を見せることもある)、相変わらずすべての操作を直観的に行うことが出来る。

確かに、より速く、滑らかな乗り心地とともに、さらに広い後席スペースを実現することが出来たかも知れないが、それでもこのクルマの価格を考えれば、見事な成果だと言えるだろう。

コンパクトなゴルフ

それでも、ポロにはさらなる魅力が詰まっている。

長くAUTOCARをご愛読頂いている皆さんにとって、このクルマの長所などいまさら驚きではないだろう。

ポロの後席は広々とした空間だ。
ポロの後席は広々とした空間だ。

ポロは快適性と実用性、さらには高い組立品質を備えたファミリーカーとして、英国の祝日における悪天候と同じくらい、間違いのないモデルであり続けているのだ。

室内空間の広さと全体的な快適性、運転のしやすさ、品質、インフォテインメントシステムの洗練性などとで、他のライバルたちの平均点を当然のように上回って見せる。

つまり、ポロとは少なくとも10点中すべての面で8.5ポイント以上を与えることの出来る、熟成の極みにあるコンパクトなゴルフのような存在なのだ。

さらに、歴代ポロはつねにその時のスーパーミニの平均をやや上回る高級さを感じさせる存在だったが、今回のテスト車両はそうではなかった。

今回フォルクスワーゲンが用意してくれたビーツ仕様では、華やかなカラーを採用することで、キャビンの雰囲気を堅苦しいものから活気溢れるものに変えるとともに、非常にお買い得な価格で多くのドライバーが求める装備を採用することで、ポロが抱えて来たふたつの大きな問題にも対処している。

テスト車両が採用していた8.0インチタッチスクリーン式・ディスカバーナビゲーションを手に入れるのはオプション価格を支払う必要があるが、16インチアルミホイールやスポーツシート、さらにデカールなどは標準装備となっている。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事