【トリビア】知ってた? クルマに隠された20の秘密 有名なことから、あまり知られていないことまで

公開 : 2020.05.12 09:56

長年乗っているクルマでも、まだまだ知らなかったことがたくさんあるかもしれません。スマートフォンと連動した便利な機能から遊び心満載の装飾まで、実用的なものも単なる飾りも含めて数々の秘密をご紹介します。

もくじ

給油口の位置
フューエルキャップ・ホルダー
路面凍結警告
アクティブ・ノイズ・キャンセラー
漫然運転検知機能
自動緊急ブレーキ(AEB)
隠し小物入れ
パーキングチケット・ホルダー
買い物袋ホルダー
ワイパーのサービス・ポジション
純正データロガー
隠しメーター
スマートフォンアプリ
ハンズフリー・テールゲート
ヒーテッド・ドアミラー
OBD2ポート
鍵の中に隠された鍵
サービスインジケータのリセット
ブランドごとのイースターエッグ
前のオーナーの遺物

給油口の位置

text:Ronan Glon(ローナン・グローン)

多くのメーカーは給油口がどちら側にあるかを示す表示をつけてくれている。メーターパネル内の三角形を探してみよう。

多くの場合、燃料計のすぐ横についているはずだ。この三角形が示す側に給油口は存在する。

給油口の位置を示すマーク
給油口の位置を示すマーク

フューエルキャップ・ホルダー

給油中、フューエルキャップをどこに置いているだろうか。ルーフの上、リアワイパーの上、それともポンプなどに置いているひともいるだろう。

多くのクルマの給油口の蓋にはプラスティック製のホルダーが用意されている。これを使えば、キャップがぶら下がってボディに傷をつける心配がなくなるのだ。

フューエルキャップ・ホルダー
フューエルキャップ・ホルダー

その他にも、キャップの中央に突起が取りつけられ、フラップ内部の穴に差し込んで固定できるタイプも存在する。

路面凍結警告

最近のクルマの多くは路面凍結の危険を視覚的に警告してくれる。外気温度が一定以下に下がると、雪の結晶のようなアイコンが外気温計の横に表示されるはずだ。

メッセージによる警告をしてくれるモデルもあり、これによって路面凍結の可能性を教えてくれる。

路面凍結警告
路面凍結警告

ただし、この表示が出ていないからといって油断してはいけない。例えば、橋は上面と下面から冷たい空気の影響を受けるため、路面よりも凍結しやすいのだ。

クルマは橋に差し掛かっていることを察して教えてくれることはないので注意しよう。

アクティブ・ノイズ・キャンセラー

遮音材の量は各モデルごとにおおむね決められてしまっている。しかし、アクティブ・ノイズ・キャンセラーによりさらなる静粛性、快適性を追求できるのだ。

これは高級ヘッドフォンなどに使われている技術に近いもので、マイクを通して風切り音やエンジン音を検出し、逆位相の音をスピーカーから出すことによって打ち消すという仕組みだ。

アクティブ・ノイズ・キャンセラー
アクティブ・ノイズ・キャンセラー

漫然運転検知機能

ドライバーの注意力低下を検出する機能は複数存在する。有名なのはメルセデス・ベンツが2009年に投入したアテンション・アシストだろう。

この機能は数分の間のドライバーのステアリング操作を記録する。車線逸脱などのステア操作のミスや、それを適切に修正できているかどうかを判断しているのだ。

アテンション・アシスト
アテンション・アシスト

同社の研究によれば、ステア修正の遅れや雑さが注意力低下の兆候だという。アテンション・アシストは視覚および聴覚的な警告を発し、ドライバーに休憩を促してくれる。

同様のシステムをアウディ、BMW、フォード、キア、マツダ、ボルボ、そしてフォルクスワーゲンなども用意している。キャデラックはカメラによってドライバーの頭や目の動きを監視する機能を持つ。