【一部詳細が明らかに】マセラティMC20、V6ハイブリッドか クアトロポルテ/レヴァンテ後継も予想

2020.05.29

電動モデルの可能性

マセラティはまた、電動モデルの可能性を示唆している。

MC20のエンジンの詳細は、現時点では明らかになっていないが、アルファ・ロメオが8CスーパーカーとGTVクーペで609ps以上を出力する、V6ハイブリッドの開発を行っていることが知られている。

マセラティMC20 スターリング・モス特別ペイント プロトタイプ
マセラティMC20 スターリング・モス特別ペイント プロトタイプ

アルファ・ロメオは、ジュリア・クアドリフォリオGTAとGTAmのために、フェラーリの支援を得て制作した、2.9L V6エンジンから540psを絞りだした。

ただし、その出力でさえ、MC20のマーケット・ポジショニングには十分とは言えない。

そのため、MC20にはアルファ・ロメオのハイブリッドシステムが、採用される可能性が高いとみられている。

電気モーターの追加により、CO2排出量を削減すると同時に、ユニットで600psを超えるパワーを得ることが可能となるだろう。
  
カーボンファイバーのプラットフォームから期待される軽量化で、0-97km/h加速は3秒前半を達成し、320km/hの壁を越える可能性もある。

フロントアクスルに備えた電気モジュールが、エンジン駆動のリアアクスルを補足し、トルクベクタリング機能と、必要なグリップが提供される。

ライバルのスーパーカーと対等に戦うことが可能となるだろう。

 

人気記事