【意外と知られていないことも】新型フェアレディZプロトタイプ発表 歴代フェアレディZを振り返ってみた

2020.09.25

サマリー

新型フェアレディZプロトタイプが発表されて、早くも1週間が過ぎました。あたらしいモデルを知るには、従来のモデルもおさらいすべきでしょう。新型モデルに引き継がれたものが、明らかになります。

もくじ

初代フェアレディZ 瞬く間に人気に
仕向地によって仕様が異なる初代Z
「西部警察」で知られる2代目
V型6気筒エンジン初搭載3代目
ビッグマイナーチェンジした3代目
平成に入って初のフルモデルチェンジ
フェアレディZの復活 ニスモ、関わる
長寿モデルとなった現行フェアレディZ

初代フェアレディZ 瞬く間に人気に

text:Kouichi Kobuna(小鮒康一)

先日、ついに一般公開された「フェアレディZプロトタイプ」。詳細なスペックはおろか、発売日すらアナウンスされていないが(そもそも発売されるかどうかも)、早くも話題の中心となったのは喜ばしいところ。

そんな注目のフェアレディZプロトタイプは、歴代Zのデザインからインスピレーションを得たということなので、ここで一度、歴代フェアレディZを振り返ってみたいと思う。

、スポーツカーとしての実力も海外のスポーツカーに匹敵するものを持っており、海外、特に北米市場では瞬く間に人気車種となった。
、スポーツカーとしての実力も海外のスポーツカーに匹敵するものを持っており、海外、特に北米市場では瞬く間に人気車種となった。    日産

初代フェアレディZが登場したのは1969年のことであり、それまでのダットサン・フェアレディの後継車として誕生した。

先代のフェアレディも国産オープンスポーツカーのパイオニアとして知られるモデルであったが、フェアレディZはオープンではなく、クローズドボディを持った近代的なGTマシンに生まれ変わっていたのだ。

ロングノーズ、ショートデッキというスポーツカーの不文律を守ったスタイルの初代フェアレディZは、見た目だけではなく、スポーツカーとしての実力も海外のスポーツカーに匹敵するものを持っており、海外、特に北米市場では瞬く間に人気車種となった。

そもそもフェアレディZ自体が北米市場でのイメージリーダーとなるべく生まれたモデルだった。その目論見は見事に的中したということになるだろう。

 

人気記事