【レース屋さん仕立て】特別なSUVとは? 限定導入、ボルボXC60 T8ポールスター・エンジニアードがキレッキレ!

公開 : 2020.11.11 11:50  更新 : 2021.10.11 13:50

ボルボの「ポールスター・エンジニアード」仕様に、SUVモデルが登場。XC60 T8 PSEは、30台限定で日本導入。セダンのS60、ワゴンのV60のPSEも少数発売されます。山道を走り込んだ印象は?

静かに主張するハイパフォSUV

text:Kazuhiro Nanyo(南陽一浩)
photo:Keisuke Maeda(前田恵介)

好調の続くボルボが、満を持してモデルイヤー2021年のポールスター・エンジニアード(以下、PSE)のオーダー受注を、11月6日よりオンラインで開始した。

元はレース屋さん、今はボルボ傘下のハイパフォーマンス・ブランドであるポールスターが、ボルボの既存モデルをリデザイン&チューンしたシリーズだ。

XC60 T8ポールスター・エンジニアード
XC60 T8ポールスター・エンジニアード    前田恵介

今回は従来のS60、つまりサルーンに加え、ステーションワゴンのV60とSUVのXC60のPSEが導入されることになったので、あえて車高の高い後者に試乗してきた。

正直、乗るまでは、走りを強く求める顧客層が買うなら、ルーフが低く天地方向にコンパクトなSかVしかありえないと思っていたので、なぜSUVにわざわざメーカー謹製チューンが要るのか? という疑問が拭えなかった。

が、乗ってみたら速攻でこの偏見は瓦解した。これアリでしょう、どころか、まったく違うクルマに仕上がっていたのだ。

エンジンON ……その前の儀式

XC60 T8 PSEの外観は、よく見ると物々しい。

全長4690mmはノーマルとまったく一緒だが、トレッドを広げるためさりげなくフレアしたワイドフェンダーを装着。

XC60 T8ポールスター・エンジニアードのエンジンルーム
XC60 T8ポールスター・エンジニアードのエンジンルーム    前田恵介

全幅1940mmという値は、インスクリプションより+40mm、Rデザインより+25mm広い。

そこに、極限まで肉抜きを施した細スポークながらもディープリムであることに気づきにくい、そんな専用デザインの21インチ・ホイールを収める。

ちなみにその奥に光るイエローのキャリパーをもつブレーキは、SとVがブレンボ製であるのに対し、XC60だけが曙ブレーキ製だ。

当然、足まわりはPSE専用チューンが施され、フロントボンネットを開けるとストラットタワーバーが見えるだけでなく、アッパー側には22段階減衰力調整機構付きのオーリンズ製ダンパー、そのダイヤルが見える。

リア側も同じく22段階をアッパー側ダイヤルで減衰力調整が可能だが、ホイールハウス内の奥深くなので、ボルボでは原則、ディーラーでの作業を薦めている。

時計周りに締めていくとクリックが止まるところがもっとも固いゼロ状態で、XC60は工場出荷状態で前後とも10段戻しがデフォルトのセッティングだ。

スポーツ走行用の推奨値は前後とも4段戻し、コンフォート用には15段戻しという。

まずは10段戻しの状態で乗り込んだ。

記事に関わった人々

  • 前田惠介

    Keisuke Maeda

    1962年生まれ。はじめて買ったクルマは、ジムニーSJ30F。自動車メーカーのカタログを撮影する会社に5年間勤務。スタジオ撮影のノウハウを会得後独立。自動車関連の撮影のほか、現在、湘南で地元密着型の写真館を営業中。今の愛車はスズキ・ジムニー(JB23)
  • 南陽一浩

    Kazuhiro Nanyo

    1971年生まれ。慶応義塾大学文学部卒業。ネコ・パブリッシングを経てフリーに。2001年渡仏。ランス・シャンパーニュ・アルデンヌ大学で修士号取得。2005年パリに移る。おもに自動車やファッション/旅や食/美術関連で日仏独の雑誌に寄稿。2台のルノー5と505、エグザンティア等を乗り継ぎ、2014年に帰国。愛車はC5世代のA6。AJAJ会員。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

ボルボの人気画像