【上位はやはり日本勢】ハイブリッド・ハッチバック 10選 欧州で注目の電動コンパクト

公開 : 2020.12.02 18:45  更新 : 2021.03.05 21:37

厳しい環境規制とディーゼルの人気低下により、欧州ではハイブリッド車が人気を集めています。今回は、注目を集める手ごろなハッチバックのハイブリッドを紹介します。ランキングの大半を占めたのは、やはり日本車でした。

もくじ

もはや主流となったハイブリッドシステム
1. トヨタ・カローラ
2. トヨタ・ヤリス
3. ルノー・クリオEテック(ルーテシア)
4. トヨタ・プリウス
5. トヨタC-HR
6. ホンダ・ジャズ(フィット)
7. レクサスUX
8. ヒュンダイ・アイオニックHEV
9. キア・ニロ
10. スバルXV e-ボクサー

もはや主流となったハイブリッドシステム

text:AUTOCAR UK編集部
translator:Takuya Hayashi(林 汰久也)

最近では、「ハイブリッド」という言葉は、2000万円クラスのスーパーGTから100万円台の軽自動車まで、あらゆるカテゴリーのクルマに使われるようになってきた。

電動化技術が進化し、ハイブリッド車は海外でも珍しい存在ではなくなっている。ディーゼルエンジンの人気の低下と、電動モビリティへの移行が世界中で進む中、ハイブリッド車を求める人は増えてきている。

トヨタ・プリウス
トヨタ・プリウス

今回は、厳しい環境規制が実施されている欧州で、注目すべきハイブリッド・ハッチバックを紹介する。

大型バッテリーを搭載したプラグイン・ハイブリッドではなく、小排気量のガソリンエンジンと電気モーター、小型バッテリーからなる一般的なハイブリッド車である。完全EVはもちろん、スターター/ジェネレーターを搭載した最新世代の、いわゆるマイルド・ハイブリッド(MHV)も含まれていない。

タイプはあくまでハッチバックだが、一般的なコンパクトカーからハイライドなクロスオーバーまで範囲を広げ、さまざまなモデルを取り上げている。

各モデルには共通して2つの重要なポイントがある。それは、充電用のプラグソケットが付いていないことと、日常走行における燃費の向上を実現していることだ。

日本未導入のモデルもあるが、欧州ではどんなハイブリッド車が注目されているか、という視点で見てほしい。

1. トヨタ・カローラ

20年以上かけてハイブリッド・パワートレインを世界に展開してきたトヨタは、今やこのカテゴリーを率いるリーダー的な存在となっている。そして欧州ではカローラ・ハッチバック(スポーツ)を超えるハイブリッド車は販売されていない。

2019年にオーリスの後継モデルとして登場したカローラは、販売上非常に重要なCセグメントにおける画期的なモデルだ。

トヨタ・カローラ・ハッチバック(スポーツ)
トヨタ・カローラ・ハッチバック(スポーツ)

洗練されたスタイリングと十分に上質なインテリアを兼ね備えており、新しいグローバル・プラットフォームをベースにして乗り心地やハンドリングを際立たせている。

2.0Lのハイブリッドモデルでは、スポーティな走りを実現している。アクセルを踏み込んだ時のラバーバンド感のある加速は見られるが、一般的なスロットル操作における応答性は予想以上に良く、高い安心感がある。

燃費を気にする人にとっても満足できるだろうし、所有して運転することに喜びを見出せるクルマとして多くの人に受け入れられるはずだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事