【快適な7シーターSUV】プジョー5008 2.0 ブルーHDIへ試乗 4気筒ディーゼル 小変更

公開 : 2021.01.08 10:25

現在のプジョーでは一番大きいSUVとなる、7シーターの5008。フェイスリフトを受け、デザインや車載技術がアップデートされました。少しの弱点はあるものの、快適で運転しやすいクロスオーバーだと英国編集部は評価します。

もくじ

良く考えられれた7シーターのSUV
上質な車内 少し曖昧なステアリング
運転支援システムは機能を拡大
たくさんの家族を運べる魅力的な選択肢
プジョー5008 2.0 ブルーHDI 180 GTプレミアム(英国仕様)のスペック

良く考えられれた7シーターのSUV

text:Matt Saunders(マット・ソーンダース)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
プジョー製クロスオーバーの5008が、モデル中期のフェイスリフトを受けた。ショールームの中では目立つ大きさの、3008よりひと回り大きい7シーター・モデルだ。

今回試乗したのは、2.0Lディーゼルエンジンを搭載したブルーHDI。176psを発揮するユニットで、前輪を駆動する。トリムグレードは、英国では最上級になるGTプレミアムだった。

プジョー5008 2.0 ブルーHDI 180 GTプレミアム(英国仕様)
プジョー5008 2.0 ブルーHDI 180 GTプレミアム(英国仕様)

7シーターというパッケージングの都合上、グループPSAが用意する四輪駆動のプラグイン・ハイブリッドには適合できない。ガソリンエンジンとしては、180psの1.6Lターボが一番パワフルなユニットになる。

フェイスリフトということで、主な変更部分はスタイリングが中心。インテリアでは新しい素材や装飾パネルが追加され、タッチモニターによるインフォテインメント・システムも最新のものがインストールされている。

渋滞時などでうれしい運転支援システムも、拡張された。リアミラーは、スタイリッシュなフレームレス・タイプだ。

車内レイアウトはフェイスリフト前と同じ。とても良く考えられており、前後スライドが可能な2列目のシートは簡単に折り畳める。ドアの開口部は広く、乗り降りもしやすい。

最前列以外、身長の高い大人には高さ方向で少々圧迫感がある。試乗車にはオプションのガラスサンルーフが付いていて、頭上空間には制限があった。足元の空間には余裕があるものの、2列目にも定期的に大人を乗せるなら、ライバルと比較した方が良いだろう。

上質な車内 少し曖昧なステアリング

英国の最上級グレードとなるGTプレミアムで選べるフロントシートには、マッサージ機能が付く。3008のシートより、はるかに快適だ。内装を飾っていたライムウッド・トリムは少々人工的ながら、ナッパレザー・シートのオプションと一緒に付いてくる。

5008のインテリアから受ける上質感や知覚品質は、感心するほど高い。クロームメッキされたパーツは見た目も手触りも高級感があるし、開閉する部分からは作りの良さが伝わってくる。ドアパネルなどの仕上げもきれい。

プジョー5008 2.0 ブルーHDI 180 GTプレミアム(英国仕様)
プジョー5008 2.0 ブルーHDI 180 GTプレミアム(英国仕様)

観察はこのくらいにして、走り出してみよう。

プジョー製の4気筒ディーゼルエンジンの洗練度は、平均レベル。トルクは太く、動的性能は悪くない。8速ATは、もう少し滑らかでも良いだろう。時々変速に遅れがあり、ややギクシャクするところがある。

燃費は現実環境で17.5km/L前後。充分に評価できる数字だといえる。

ホイールは標準で19インチもあり、若干ロードノイズがうるさく、キツめの振動が車内に伝わってくる。それでも、全般的な乗り心地は良好だ。

ステアリングは、アシストが若干過剰気味でステアリングホイールの直径も小さく、どこか曖昧な印象を受ける。高速道路では、大きなボディに期待するような地に着いた安定感が少し薄い。操縦性は悪くないから、穏やかで快適に運転はできる。

ロータリー交差点やキツめのカーブでは、ボディロールが穏やかに発生。小さなステアリングホイールでの軽快な操舵感とは、少し反するように思えた。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事