【モデル後期でも訴求力は維持】メルセデス・ベンツGLC 300eへ試乗 319psのPHEV

公開 : 2021.02.04 10:25

フェイスリフトでPHEV版が追加されたGLC。モデル後期ながら、快適性や上質さ、四輪駆動の能力には、まだ充分な競争力があるといえそうです。英国編集部が評価しました。

もくじ

システム総合で319psと71.2kg-m
新型が控えていてもハンサムでモダン
滑らかさやレスポンスでライバルに及ばず
スポーツサスでも優れた乗り心地
GLCが備える訴求力は健在
メルセデス・ベンツGLC 300e 4マティック AMGライン・プレミアム・プラス(英国仕様)のスペック

システム総合で319psと71.2kg-m

text:Matt Saunders(マット・ソーンダース)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
ミドルサイズSUVのメルセデス・ベンツGLCで、2019年のフェイスリフト時に追加されたのが、プラグイン・ハイブリッド(PHEV)となる300e。ディーゼル版ハイブリッドのGLC 300deと同じ、13.5kWhの駆動用バッテリーを搭載する。

だが300eの方がやや車重は軽く、加速は良く、価格も安い。EVモードでの航続距離も、少し長い。一方でディーゼル版のPHEVの方がCO2の排出量は少なく、英国では税金で有利となるため、維持費は300deの方が安価に収まる。

メルセデス・ベンツGLC 300e 4マティック AMGライン・プレミアム・プラス(英国仕様)
メルセデス・ベンツGLC 300e 4マティック AMGライン・プレミアム・プラス(英国仕様)

さらに、ライバルブランドのPHEV版SUVの方が、税率では有利という事実もある。でも、GLCの優れた実用性や上級感には、まだ充分な訴求力がある。

GLC 300eの場合、電気モーターはエンジンとトランスミッションの間に挟まれた、本格的なパーマネント方式の四輪駆動。電気モーターが、リアタイヤのみを動かす方式とは違う。

例えば、ランドローバー・ディスカバリー・スポーツP300eが牽引できるトレーラーは、ブレーキ付きのもので1600kgまで。トヨタRAV4のPHEV版では、さらに制限がかかる。しかしGLC 300eなら、最大2tまで引っ張れる。

もしトレーラーを引っ張って週末を楽しむことに重きを置くなら、重要な機能といえるだろう。

ガソリンエンジンは2.0Lの4気筒ターボで、最高出力は210ps。そこへ122psの電気モーターが組み合わされ、システム総合での最高出力は319psを獲得。最大トルクは71.2kg-mもある。

運転してみると、額面ほど動的性能に秀でた印象はない。それでも、必要以上のスペックといえる。

新型が控えていてもハンサムでモダン

2022年には、まったく新しいGLCの発表が控えている。それでも、この300eの見た目はまだまだハンサムでモダン。長距離移動も快適に過ごせるだけ、ラグジュアリーな雰囲気にあふれていることも特長といえる。

車内は、登場の新しいモデルのような最新のデザインは得ていない。ダッシュボードには、メーターパネルと一体に見えるワイドなモニターが備わっていないし、モニターのサイズ自体も若干小さい。

だが、GLCにはまだボダンで操作できるエアコンが付いている。インフォテインメント・システム用のショートカットキーも残っている。最新のシステムより使いやすく、運転の集中を妨げることもない。

フロントシートはサポート性に優れ、調整域も大きく快適。プレミアム・プラス・トリムグレードを選ぶと、電動での調整範囲が増え、メモリー機能も付いてくる。しかし、標準のままでもシートの形状は素晴らしい。

2列目シートもゆったり広々。パノラミック・ガラスサンルーフが付いていても、身長の高い大人が狭く感じることはない。ISOFIXのチャイルドシートには対応するが、リアシート自体はスライドできない。

荷室容量も充分。PHEVではないGLCよりフロアが数cm持ち上げてあるが、サイドウインドウ下で400Lある。フロア下の空間には、充電ケーブルをしまうのに丁度いい。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事