【BMW初のFFホットハッチ】BMW 1シリーズ 128tiへ試乗 血統感じる楽しさ 後編

公開 : 2021.02.16 19:05

初のFFホットハッチとして感銘を受ける、が

コーナーの中程でアクセルペダルを緩めると、ノーズは機敏に反応する。バランスは優れているから、高い速度域を保ったまま旋回できる。しかし、シャシーの実力を引き出せるほどの一体感は得にくい。フォード・フォーカスSTとは違う印象だった。

128tiは、ニュートラルを維持したがる。コーナリング中にヨー方向、回転方向での自由さをドライバーは感じることはない。アクセル操作での変化は感じられるが、期待ほどの反応が得られない。

BMW 1シリーズ 128ti(英国仕様)
BMW 1シリーズ 128ti(英国仕様)

アクセルペダルを早めに踏み込むと、トルクステアも強く感取される。濡れた路面では、グリップ力が足りないと感じる場面も少なくなかった。

128tiの当たりは良い。だが、高まる期待に合わせて積極的に運転すると、優れた印象も与えてくれるが、もどかしい思いもしてしまう。

フロントタイヤのグリップを引き出せる状況なら、128tiの秘めた実力を確かめられたかもしれない。今回は叶わなかったが。

少なくとも、BMW初となる前輪駆動のホットハッチとして、感銘を受ける仕上がりだったことは間違いない。インテリアの仕上がりは、フォルクスワーゲンを大きく超える強みにもなっている。

一方でホットハッチを名乗るなら、コンディションを問わず、もっと特長の濃いドライビング体験を求めるドライバーは少なくないだろう。一層引き込まれるような走りを、長く味わえるべきだと感じた。

BMW 128tiの動的なキャラクターは骨太で、ブランドの血統を感じる楽しさを備えている。一層の高みを目指すべく、MTの追加はいかがだろうか。

BMW 1シリーズ 128ti(英国仕様)のスペック

価格:3万3320ポンド(466万円)
全長:4319mm
全幅:1799mm
全高:1434mm
最高速度:249km/h
0-100km/h加速:6.1秒
燃費:13.5-14.5km/L
CO2排出量:157-170g/km
車両重量:1445kg
パワートレイン:直列4気筒1998ccターボチャージャー
使用燃料:ガソリン
最高出力:264ps/4750-6500rpm
最大トルク:40.7kg-m/1750-4500rpm
ギアボックス:8速オートマティック

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事