【内装カモフラの意味は?】ポルシェ911 GTS 新型プロトタイプ発見 欧州で冬期テスト中

公開 : 2021.02.18 06:05  更新 : 2021.02.18 09:09

ポルシェ911 GTSのプロトタイプを発見。GT3に次ぐハイポテンシャルなモデルで、出力向上に期待です。

450psより若干パワーアップか

新型ポルシェ911 GT3が発表されたばかりだが、英AUTOCAR編集部のカメラマンが標準の911シリーズのトップモデルとなる911 GTSのプロトタイプを発見、撮影に成功した。

最上位のGT3およびターボと、カレラ4Sの間に位置するGTS。カレラよりもわずかにパワーアップし、レスポンスと機動力の最適化を目的としたシャシーのアップグレードが施され、ドライバー重視のセッティングとなっている。

ポルシェ911 GTSのプロトタイプ
ポルシェ911 GTSのプロトタイプ    AUTOCAR

991世代の911 GTSと同様に、992モデルは標準的な911の3.0Lツインターボフラット6を搭載するが、0-100km/hタイムを3.0秒に近づけるため、450psをわずかに上回るパワーブーストがかかると思われる。

さらに重要なのは、スポーツサスペンションのローダウン化と、ポルシェ・アクティブ・サスペンション・マネジメント(PASM)が標準装備されることだ。

先代GTSは、そのワイドなリアアーチによって、下位モデルとは一線を画していた。しかし、992の全モデルが「ワイドボディ」で販売されているため、マカンやパナメーラのGTSバージョンと同様に、センターロックホイール、スモークヘッドライト、ブラックのエクステリアトリムが特徴となっている。

ダッシュボードが隠されているワケ

カメラマンが撮影したのはタルガトップのプロトタイプの冬期テストモデルだが、クーペとカブリオレも用意され、後輪駆動と四輪駆動を選べるようになる。トランスミッションは7速MTと8速PDKの2種類。

価格は、先代と同じように約9万5000ポンド(1380万円)からとなる可能性があり、タルガとカブリオレは11万ポンド(1598万円)前後になると思われる。

ポルシェ911 GTSのプロトタイプ。ダッシュボードにカモフラージュが施されているように見える。
ポルシェ911 GTSのプロトタイプ。ダッシュボードにカモフラージュが施されているように見える。    AUTOCAR

特に注目すべきは、このプロトタイプのダッシュボードがカモフラージュされていることだ。単にGTS特有のスタイリングを隠しているだけなのか、それとも911シリーズのフェイスリフトの一環としてキャビンを広くする準備をしているのかはまだ明らかになっていない。

992世代の911が2018年11月に発表されたことから、2021年末頃には改良が行われるのではないかと予想される。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

ポルシェ 911の人気画像

×