【BMWとAMG 大関対決】BMW M550iサルーンか メルセデスAMG E 53 エステートか 前編

公開 : 2021.04.17 09:45  更新 : 2021.05.17 15:08

ブランドの頂点に君臨する高性能サルーンより1つ下。大関級といえるモデルが、従来以上に魅力度を増しているとする英国編集部。5シリーズとEクラスの特徴を探ります。

高価になった横綱級の高性能サルーン

text:Matt Saunders(マット・ソーンダース)
photo:Olgun Kordal(オルガン・コーダル)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
ブランド頂点を飾る横綱級の高性能サルーンは、すっかり高嶺の花になってしまった。ひと回り小さいセグメントのモデルでさえ。

最新のG80型BMW M3の英国価格は、およそ7万5000ポンド(1125万円)から。ちょっと考えてしまう。でも1つ下の大関級グレードなら、少しの可能性が見えるかもしれない。

メルセデスAMG E53 4マティック・ナイトエディション・エステートとBMW M550i xドライブ・サルーン
メルセデスAMG E53 4マティック・ナイトエディション・エステートとBMW M550i xドライブ・サルーン

BMW 5シリーズにV8エンジンを載せたモデルが、M5より手頃に今ならまだ手に入る。M3より馬力は高く、トルクも太く、四輪駆動。0-100km/h加速も鋭い。それはM550i xドライブ。M5より4000ポンド(60万円)だけだが、英国では安い。

トップモデルより動的性能が下がるとしても、より日常的に乗りやすく、豪奢な装備の高性能サルーンだ。予算には少しの余裕も必要だけれど。そんな選択肢は、BMW以外にも存在する。

メルセデスAMGは高性能なEクラスとして、6気筒エンジンを搭載したE 53 4マティック+を提供している。BMWとの差別化を図るように、パワートレインは電動の力も借りるハイブリッド。より利便性の高いステーションワゴンも選べる。

読者はどちらがお好みだろう。四輪駆動でAMGの名を冠した高性能ワゴンか、通常の5シリーズと違わない、慎ましい見た目のBMW製4ドアサルーンか。

ひと目を気にするドライバーのために、グレードを示すエンブレムを付けいない指定も可能。E 53のオーナーの方が、外す率は高いかもしれない。スポーティなスタイリングのおかげで、見る人が見ればAMGだとわかってしまうが。

マフラーカッターですら、AMGは華やかな4本出し。BMWの方が目立たない。

V8ツインターボか直6ツインターボHVか

両車の英国価格は、350ポンド(5万円)程度の差しかない。しかしスペックシートを見比べると、明らかな違いがある。BMWのサルーンとして血統を受け継ぐ性能に対し、大きくモダンなメルセデスAMG製のワゴンという個性を表すように。

BMW製ツインターボV8エンジンは、530psを発揮しベルベットのように滑らかなサウンドを響かせる。反面、電動スーパーチャージャーとスターター・ジェネレーターによるハイブリッドの直列6気筒ツインターボは435ps。音響は、少しクラシカルで穏やか。

BMW M550i xドライブ・サルーン(英国仕様)
BMW M550i xドライブ・サルーン(英国仕様)

M550iの最大トルクは76.3kg-mもあり、0-100km/h加速を3.8秒以下でこなす。対してE 53は52.9kg-m/だが、0-100km/h加速は4.5秒。大きなビハインドというほどではないだろう。高速巡航なら12.8km/Lという好燃費も付いてくる。

スペック上での驚きといえるのが、2台で軽い方はE 53だということ。ハイブリッドを搭載するステーションワゴンにも関わらず。またM550iの方が、ミラーを含めた状態で50mmも全幅が広い。含めなければ、その差は20mm以下に収まるが。

もし友人にM5やM3、あるいはE 63を選ばなかった理由を説明したいと感じるなら、M550iやE 53は選ばない方が良いかもしれない。その上の存在にとらわれてしまう。

だが日常的に長距離を走り、一年のあらゆる気候や条件を問わず運転したい、あるいはする必要があるなら、M550iがM5やE63などに劣るということはないと思う。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

メルセデスAMG Eクラスの人気画像