【マッスルカーの絶頂期】シボレー・カマロSS 396とシェルビーGT500 1969年の火花 後編

公開 : 2021.06.19 17:45

アメリカン・マッスルカーの象徴といえる、シボレー・カマロSSとシェルビー・マスタングGT500 コブラ。カリフォルニアで1969年の熱い2台を振り返ります。

GT500は黄金期で最高傑作の1台

text:Greg Macleman(グレッグ・マクレマン)
photo:James Mann(ジェームズ・マン)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
1969年、マッスルカーの黄金期で最高傑作の1台といえば、シェルビーGT500 コブラ・ジェットだろう。同年に製造されたGT500のコンバーチブルは245台。1970年にもボス302用のスポイラーと黒いボンネットを装備して作られたが、1969年モノは別格だ。

今回ご登場願ったGT500 コブラ・ジェットは、ガルフストリーム・アクアに塗られ、シェルビーのボディを引き立てている。伸ばされたボンネットは軽量なグラスファイバー製で、NACAダクトが3連で並ぶ。

シェルビーGT500 コブラ・ジェット(1967〜1970年)
シェルビーGT500 コブラ・ジェット(1967〜1970年)

テールは短くカットされ、おなじみの3灯シーケンシャル・テールライトの上に、スポイラーが載る。オリジナルのマスタングよりまとまりが良く、アグレッシブに見える。

軽いボンネットの下には、強化されたコンロッドにホットなカム、4バレルのホーリー社製キャブレターが組まれた7.0Lの名ユニットが潜んでいる。鉄でできたモンスターだ。

タスカ・フォード社が組んだエンジンと共通部分も多いが、フォードの工場で作られたコブラ・ジェットは、公証の360psより遥かにパワフルだった。生産ラインのダイノテストを行う担当者も、苦笑いをするほど。

高性能なクルマに乗る25歳の自動車保険料が、1000ドルを超える可能性もあった時代。マスタングのパワーを少なく主張しても、不思議ではなかった。

対してカマロは、イェンコが生み出したドラッグレース用のCOPOを除き、頂点に君臨していたのがコルベット譲りの396cu.in(6.5L)仕様。1969年式のカブリオレを探すなら、カマロSSのインディ500用ペースカーがベストだ。

インディ500のペースカーへ起用

マスタングが1964年のインディ500でペースカーに起用されたように、カマロも1967年のデビュー年に登用。シボレーは、関係者の移動用などに88台のカマロを用意した。内3台はL78ユニットを載せ、インディカーの先導を任された。

1967年に優勝したA.J.フォイトはペースカーのプレゼントを打診されるが、エアコンやパワールーフがないことを理由に拒否。そこでシボレーは20台のレプリカと合わせて別の1台を制作し、彼へ贈っている。

シボレー・カマロSS 396 インディ・ペースカー(1967〜1969年)
シボレー・カマロSS 396 インディ・ペースカー(1967〜1969年)

1969年もペースカーにカマロが採用。優勝したマリオ・アンドレッティへは、しっかり装備の整ったカマロが贈られてている。さらにシボレーは当初の133台の他に、3675台のペースカー・レプリカを生産した。今回ご登場いただいたカマロも、その1台だ。

カマロSS 396はドーバーホワイトに塗られ、インディ・ペースカーとして巨大なパワーバルジの付いたスーパースクープ・ボンネットが載せられた。ハガーオレンジのストライプが鮮やかだ。サイドシルやリアパネルが白く塗られているのも、特徴だろう。

目隠しの付いたヘッドライトが、トレードマーク。15インチのラリー・ホイールと、オレンジ色のインテリアが見た目を引き締める。

1969年に作られたペースカーのレプリカは、ほとんどがコンバーチブル。ハードトップは200台だったという。しかし多くのドライバーは、350cu.in(5.7L)のL48型エンジンが組まれる、安価なペースセッター・バリューパッケージを選択している。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事