【エンジン音が違った!】アストン マーティンDBX 12気筒エンジン搭載か プロトタイプ発見

公開 : 2021.09.15 18:05  更新 : 2021.09.17 05:38

アストン初のSUV、DBXに高性能モデル登場の兆し。テスト車両はV12らしきエンジン音を響かせました。

エンジン音はV12に似ていた

執筆:Felix Page(フェリックス・ペイジ)
翻訳:Takuya Hayashi(林 汰久也)

アストン マーティンは、DBXを大幅に強化したパフォーマンス仕様を開発中で、V12エンジンを採用する可能性がある。そのプロトタイプが走行テストを行っているところをカメラが捉えた。

ニュルブルクリンクで撮影された写真には、軽くカモフラージュされたプロトタイプが走行している様子が写っている。新しいフロントグリルと強化されたエアインテークを中心に、専用装備の採用が示唆されるが、もっとも重要なのは、V12エンジンを搭載したDB11とDBSにエンジンサウンドが非常によく似ているという点だ。

ニュルで目撃されたDBXのプロトタイプ。撮影したクルーはエンジン音がDBSに近かったと報告している。
ニュルで目撃されたDBXのプロトタイプ。撮影したクルーはエンジン音がDBSに近かったと報告している。    AUTOCAR

AUTOCARは今年初め、DBXのマイルド・ハイブリッド仕様が2022年に発売された後、よりスポーティーな仕様が登場するという情報を掴んだ。これは、ライバルのポルシェカイエンのように、DBXを多様なモデルファミリーに拡大するという計画の一環だ。

パフォーマンス仕様の車名は「DBX S」になると考えられ、2023年に登場すると予想されている。アグレッシブなエクステリア、ローダウン・サスペンション、大型ブレーキを特徴とし、標準の550psを大きく上回るパワーを発揮することになるだろう。DB11 AMRに搭載されているV12は、新型ポルシェ・カイエン・ターボGTとほぼ同等の639psを発揮する。

しかし、DBXに搭載されているV8はAMG製で、GT 63 Sでは639psを発揮している。V12を搭載したDBXが量産されるかどうか、あるいは、AMGとの提携を活用してV8を低コストで確保し続けるかどうかは不明だ。

アストンは最近、ヴァンテージのV12バージョンをテストしているところが目撃されている。DBXにもV12が導入されれば、ヴァルハラを除く全モデルに12気筒エンジンが設定されることになる。

AUTOCARの予想では、アストンはDBXの開発にかかる多額のコストを、さまざまなエンジンとボディスタイルを導入することで相殺しようとしているものと見られる。ルーフを寝かせたクーペ仕様や、室内の快適性を重視したロングホイールベース仕様などの登場が期待されている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

        ×