【いよいよ日本へ】ジープのピックアップ 「グラディエーター」 今冬国内発表

公開 : 2021.09.15 20:50

FCAジャパンは、ジープ初のピックアップトラック「グラディエーター」を、2021年冬に発表します。

ジープ初のピックアップ 日本へ

編集:AUTOCAR JAPAN編集部

FCAジャパンは、ジープ初のピックアップトラック「グラディエーター」を、2021年冬に発表する。

グラディエーターは、ジープの本格オフローダー「ラングラー・アンリミテッド」をベースとして開発されたピックアップトラック。北米仕様車の全長はラングラーよりも長く、5591mmにもなる。

ジープ・グラディエーター(北米仕様)
ジープ・グラディエーター(北米仕様)

2018年、26年ぶりに北米市場でローンチされて以来、日本への輸入が待望されていた。

グラディエーターは、ジープブランドが標榜する「Go Anywhere. Do Anything(どこでも行ける、何でもできる)」のスピリットを継承し、ラダーフレーム採用の卓越した走破性を誇る。

グラディエーターのスペック、各種装備、販売開始日、価格などの詳細については、今冬の発表時に公表されるという。

なお、日本仕様車は右ハンドルになるという。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

        ×