【ミドV8にマネッティーノ】トゥーリング・スーパーレッジェーラ・アレーゼRH95へ試乗 後編

公開 : 2021.10.01 19:05  更新 : 2021.10.14 16:06

イタリアのカロッツエリア、トゥーリング・スーパーレッジェーラ社が生み出した、V8ミドシップのスーパーカー、アレーゼRH95へ英国編集部が試乗しました。

ベースモデルはイタリアンV8ミドシップ

執筆:Richard Bremner(リチャード・ブレンナー)
撮影:Luc Lacey(リュク・レーシー)
翻訳:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
20世紀のコーチビルダーと同じく、トゥーリング・スーパーレッジェーラ社はアレーゼRH95のベース・モデルを選ぶ必要があった。だが、彼らは具体的には明らかにしたがらない。オリジナルの評判からメリットを受けていると、考えられたくないからだ。

間違いのない伝統を備えた、パワフルなミドシップという素材が必要だった。説明資料には、イタリアのスーパーカー・メーカーが生み出す、素晴らしいV8モデルがベースだと記されている。

トゥーリング・スーパーレッジェーラ・アレーゼRH95(欧州仕様)
トゥーリング・スーパーレッジェーラ・アレーゼRH95(欧州仕様)

オリジナルの最新版は、アレーゼRH95よりパワフルな720psを発揮する。AUTOCARの読者なら、想像は付くだろう。トゥーリング・スーパーレッジェーラ社との問題を増やすような記載をせずとも、その事実は観察すればわかる。

カロッツエリアのおかげで、ミドシップ・スーパーカーに多様性と独自性が付加されている。とても素晴らしい創造だ。ただし、享受できるのは資金力に余裕がある人に限られるのだが。

現時点で最も評価の高いV8エンジンのスーパーカーを購入し、車両価格の数倍の金額を払ってカロッツエリアに手を加えてもらうのは、簡単に決断できることでもない。ミラノ近郊で腕を振るう、技術者集団に対してだとしても。

ボディパネルは、ほぼすべてが新しい。ベースと同じフォルムは、フロントガラス周りのみだという。

パワートレインやサスペンション、フロント部分の構造、ダッシュボードにシート、電子制御システムなども、基本的にはキャリーオーバー。ベース車両の認証と、衝突試験データをアレーゼRH95も受け継ぐ必要があるためだ。

魅力に溢れるV8ツインターボ・サウンド

独自に認証を取得し衝突試験を実施すれば、生産コストは遥かに高くなってしまう。とはいえ選択されたベースは、指摘すべき問題が備わらないようなモデルだから、余計な心配は不要だ。

アレーゼRH95のシザーズドアを開くには、かなりの力が必要。ステアリングホイールには、どこかで見慣れた「マネッティーノ」のダイヤルが配されている。

トゥーリング・スーパーレッジェーラ・アレーゼRH95(欧州仕様)
トゥーリング・スーパーレッジェーラ・アレーゼRH95(欧州仕様)

赤いボタンを押して、エンジンに火を入れる。モニター式のリアミラーに、2筋の湯気が映る。アレーゼRH95のエグゾースト付近に、カメラが付いている。

ほどなくして、エンジンは少し賑やかなアイドリング状態に落ち着く。トランスミッションは7速デュアルクラッチAT。オート・モードでもいいが、右手で固定式のシフトパドルを弾き、1速に入れて発進させる。

アレーゼRH95が進み始めた瞬間から、シャシーが特別なものだと感取できる。不快と感じない程度に、路面の凹凸が伝わってくる。低速で走行していても、シリアスな性能の持ち主だと想像できる。フィードバックに満ちている。

速度を速めても、隆起部分や路面の波打ちをいなしてはくれない。だが引き締まったタイヤの動きには、明らかな滑らかさがある。ボディとダンパーの相互的な動きを味わう。

V8エンジンのサウンドも、魅力に溢れている。負荷の上昇とともに、乾いた轟音が高鳴る。8500rpmのレブリミットに迫るほど、メカニカルなノイズも高まる。現代的なモノではないかもしれないが、色褪せることはない。

この記事に関わった人々

  • 執筆

    リチャード・ブレンナー

    Richard Bremner

    英国編集部
  • 撮影

    リュク・レーシー

    Luc Lacey

    英国編集部フォトグラファー
  • 翻訳

    中嶋健治

    Kenji Nakajima

    1976年生まれ。地方私立大学の広報部を担当後、重度のクルマ好きが高じて脱サラ。フリーの翻訳家としてAUTOCAR JAPANの海外記事を担当することに。目下の夢は、トリノやサンタアガタ、モデナをレンタカーで気ままに探訪すること。おっちょこちょいが泣き所。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
×