【別世界の静けさ?】ロールス・ロイス初、超高級車こそEVのワケ

公開 : 2021.09.29 21:00  更新 : 2021.10.11 13:55

ロールス・ロイスが、初の市販EV「スペクター」の存在を明らかに。超高級車メーカーにとって、電動駆動こそ真のラグジュアリーと説明されています。

ロールス初の市販EV スペクター登場へ

執筆:Wataru Shimizudani(清水谷 渉)
編集:Tetsu Tokunaga(徳永徹)

2021年9月29日。英ロールス・ロイス・モーターカーズは、初の電気自動車による公道試験を間もなく開始すると発表した。

ロールス・ロイス初のバッテリー電気自動車(BEV)の名称は、「スペクター」。今までのロールスにはなかった、まったく新しい名前だ。

英国の超高級車メーカー、ロールス・ロイスが発表した「スペクター」の開発車両。同社初の市販EVとして2023年中に登場する。
英国の超高級車メーカー、ロールス・ロイスが発表した「スペクター」の開発車両。同社初の市販EVとして2023年中に登場する。    ロールス・ロイス・モーターカーズ

「スペクター」とは、偉大なパワーと幻影を持つ別世界の存在に与えられた名称であり、つかの間の姿を通じて存在感を示す“異世界の生き物”の名前だという。

歴代モデルのファントム、ゴースト、レイスといったネーミングにも通じる、力強く、刺激的な名前といえるだろう。

英字表記は「Spectre」となっており、あえてイギリス式の綴りを選んだ。

ロールス・ロイスは、1904年の創業以来、世界最高のクルマを作ってきた。創業者であるチャールズ・ロールズとヘンリー・ロイス卿が創り上げた自動車は、世界中に真のラグジュアリーたる体験を提供し、ロールス・ロイスに究極の頂点という地位をもたらした。

ロールス・ロイスはその後1世紀以上にわたり、最高峰の内燃式エンジンを定義し続けている。

それから117年を経て、ロールス・ロイスは世界的な電気自動車への変革を後押しするため、この種の製品としては初めての、最も洗練された超高級車、「スペクター」の存在を明らかにした。

スペクターは公道走行試験プログラムののち、2023年の第4四半期には最初の車両がデリバリーされる予定だ。

音もなく、匂いもせず、振動もない

ところで、電気モーターの採用はロールス・ロイスにとって新しいコンセプトではない。

ヘンリー・ロイス卿が最初に手がけた事業は、ダイナモや電動クレーン用モーターの開発などであった。

ロールス・ロイスの創業者、チャールズ・ロールズとヘンリー・ロイス卿。
ロールス・ロイスの創業者、チャールズ・ロールズとヘンリー・ロイス卿。    ロールス・ロイス・モーターカーズ

一方、チャールズ・ロールズは1900年に初期の電気自動車「コロンビア」を体験し、音もなく、匂いもせず、振動もないクリーンな乗りものである電気自動車こそが理想の駆動であると公言していた。

ラグジュアリーカーの未来は、EVにあると予言していたのである。

しかし、当時の技術・インフラでは、内燃機関搭載モデルを上回るほどのものは作れず、使いものにはならなかった。

その後、ロールス・ロイスは何度か電動パワートレインの実験を行ってきた。

2011年には完全に運行可能なオール・エレクトリック・ファントム「102EX」を公開し、さらに2016年にはフル・エレクトリックの「103EX」を発表。数十年先の未来に向けたロールス・ロイスのビジョンを明らかにした。

近年は、現CEOが「この10年間のうちに電気自動車を導入する」という“約束事”を、顧客と交わしていたという。

そしていよいよ、スペクターが公道を走り出す。

この記事に関わった人々

  • 徳永徹

    Tetsu Tokunaga

    1975年生まれ。2013年にCLASSIC & SPORTS CAR日本版創刊号の製作に関わったあと、AUTOCAR JAPAN編集部に加わる。クルマ遊びは、新車購入よりも、格安中古車を手に入れ、パテ盛り、コンパウンド磨きで仕上げるのがモットー。ただし不器用。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

ロールス・ロイスの人気画像

×