【RS3と同じドリフト機能】フォルクスワーゲン・ゴルフR ヴァリアントへ試乗 後編

公開 : 2021.10.15 19:05

最新のゴルフRに、ステーションワゴンが登場。不足ないパフォーマンスと広大な荷室、繊細なハンドリングを両立させたと、英国編集部は評価します。

専用の足回りに多様なドライブモード

執筆:Greg Kable(グレッグ・ケーブル)
翻訳:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
フォルクスワーゲン・ゴルフR ヴァリアントのドライブモード選択は、ダッシュボード中央にレイアウトされたボタン押すと表示される、インフォテインメント用モニターのメニューから。設定したいモードに触れれば、変更は終了だ。

タッチモニターの画面をスワイプしスクロールすると、メーターパネルのグラフィックも基調とする色が変化する。モードの違いは、視覚的にわかりやすい。

フォルクスワーゲン・ゴルフR エステート・パフォーマンスパッケージ(欧州仕様)
フォルクスワーゲン・ゴルフR エステート・パフォーマンスパッケージ(欧州仕様)

サスペンションは、フロントがマクファーソンストラット式で、リアがマルチリンク式。R ヴァリアントでは、フォルクスワーゲン独自のDCC可変レート・ダンパーに加え、20mm車高が低くなるコイルがセットされる。

リンクマウントも改良を受け、フロントタイヤはネガティブキャンバーが強められた。ハブキャリアも、通常のゴルフ・ヴァリアントとは異なるものが組まれている。

シャシーはドライブモードの幅を受け止めてくれるが、個別に調整できる範囲は広い。インディビジュアル・モードで目前の状況へゴルフR ヴァリアントを最適化させたい場合、少々悩みそうだ。

またスポーツ・モードとレース・モード、ニュルブルクリンク・モードの間は設定の違いが限定的で、変化を実感するのは難しいかもしれない。少なくとも、コンフォート・モードとニュルブルクリンク・モードとの性格の差が大きいことは確かだが。

刺激的な音響を実際の走りが裏打ち

320psへ増強されたEA888型ユニットは、間違いなく強力。現実世界では不満ないほど鋭い加速力と、中回転域での見事な扱いやすさを両立させている。

フォルクスワーゲンによれば、0-100km/h加速は4.9秒でこなすという。これは、2018年に発売された先代のゴルフR ヴァリアント・パフォーマンスパッケージより0.1秒遅い。だが、パフォーマンスは楽しさで評価されるべきだろう。

フォルクスワーゲン・ゴルフR エステート・パフォーマンスパッケージ(欧州仕様)
フォルクスワーゲン・ゴルフR エステート・パフォーマンスパッケージ(欧州仕様)

引き出しやすい極太のトルクのおかげで、シフトダウンでの追い越し加速時など、瞬発力は常に充分以上。7速デュアルクラッチATのレシオも設定が賢明で、高いギアに入れたまま、高速道路の巡航も穏やかにこなせる。

最高速度はリミッターで249km/hに制限されるが、パフォーマンスパッケージでは270km/hまで許してくれる。サーキットやアウトバーンなど、環境も許してくれれば。

エンジンノイズはコンフォートでは控えめでマナーが良いが、レース・モードやドリフト・モードを選択すると、聴き応えのあるサウンドを響かせる。エグゾーストノートには、アフターファイヤーの破裂音も混ざるようになる。

そんな刺激的な音響を、実際の走りが裏打ちする。スポーツ以上のモードでは、レスポンシブで性格なステアリングが際立ち、よりクイックな回頭性を楽しめるはず。

電動機械式のパワーステアリングは、通常のゴルフ・ヴァリアントより操舵時の重み付けやフィーリングが増している。チャレンジングなルートでの、ドライバーの自信を鼓舞するように。

記事に関わった人々

  • 執筆

    グレッグ・ケーブル

    Greg Kable

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    中嶋健治

    Kenji Nakajima

    1976年生まれ。地方私立大学の広報室を担当後、重度のクルマ好きが高じて脱サラ。フリーの翻訳家としてAUTOCAR JAPANの海外記事を担当することに。目下の夢は、トリノやサンタアガタ、モデナをレンタカーで気ままに探訪すること。おっちょこちょいが泣き所。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

フォルクスワーゲン ゴルフの人気画像