アウディQ4 eトロン 長期テスト(2) 純EVへの理解度

公開 : 2021.11.06 09:45  更新 : 2021.11.11 13:18

純EVでのプレゼンス拡大を狙うQ4 eトロン。電動時代における上級ファミリー・クロスオーバーの魅力を確かめます。

積算3860km 丸くないステアリングホイール

執筆:Mark Tisshaw(マーク・ティショー)
翻訳:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
長期テストQ4 eトロンには、丸ではない、上下がフラットにカットされたステアリングホイールがオプションで装備されている。英国でのお値段、285ポンド(4万4000円)なり。

ステアリングホイールは円形であるべき、と強く考える同僚のマット・プライヤーへ、その写真を送ってみた。早速、法律で規定してもいいのではないだろうか、と返事が帰ってきた。

アウディQ4 eトロン 40 スポーツ(英国仕様)
アウディQ4 eトロン 40 スポーツ(英国仕様)

「円形なら、ステアリングホイールのリムが常に自然と手元に来るはずです」。彼の意見は正しいと思う。実際、このステアリングホイールには慣れるのに少々時間が必要だった。それ以外の操作系は、すべて扱いやすいのだけれど。

積算4058km クルマに対する友人からの相談

AUTOCARを熱心にお読みいただいている方なら、友人がクルマを買う際などに、相談を受ける場面があるのではないだろうか。筆者のように。

だが相談といっても、欲しいクルマは決まっていることが多かったりする。あるいは、購入した後だったりする。彼や彼女が買おうとしている、あるいは買ったクルマについて、印象を聞きたいだけの場合が多い。

アウディQ4 eトロン 40 スポーツ(英国仕様)
アウディQ4 eトロン 40 スポーツ(英国仕様)

そんな時は笑顔を忘れず、強く否定をしてはいけない。
プジョー308CCのことはどう思う?」
「え、もう買ったの?」
「うん。買った」
「素晴らしいクルマじゃないかな・・・」
こんなやり取りが、一般的だと思う。

急速に進む電気自動車に対する理解

だが英国では、一見クルマに詳しくないような人でも、電気自動車の情報は意外と持っているようだ。関連技術についても。電気自動車に対して自分の明確な考えを持っており、弱点や技術的な限界を理解している人も少なくない。

ロンドンからエジンバラまで一度の充電で走れる? という質問も、最近は聞かれなくなった。片道650km離れた場所まで、まだ途中の充電なしでは走れないということを知ったのだろう。

アウディQ4 eトロン 40 スポーツ(英国仕様)
アウディQ4 eトロン 40 スポーツ(英国仕様)

電気自動車に対する理解度は、英国では急速に進んでいる。「電気自動車って、どうですか?」。2年ほど前に純EVを運転していた時は、どんなクルマなのか知りたがる人が少なくなかった。

最近聞かれる質問は、家庭用充電器の性能に関することが多い。スマートフォン用アプリで、どの電力会社が安い夜間電力を提供してくれるのか、エリア別に調べることも英国では可能になっている。

長期テストでアウディQ4 eトロンを運転するようになった筆者だが、驚くほど多くの人が、純EVに対する知識を持っていることを知った。もはや、近未来という存在ではないのだろう。

気に入っていて次のクルマに考えていると、Q4 eトロンを見た友人の1人は話していたほど。アウディというブランドも好きで、彼がクルマに求めるものが電気でまかなえると考えているようだった。

友人は自動車の歴史にも詳しい。だが、純EVへの乗り換えに対しても積極的なのだ。

記事に関わった人々

  • 執筆

    マーク・ティショー

    Mark Tisshaw

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    中嶋健治

    Kenji Nakajima

    1976年生まれ。地方私立大学の広報室を担当後、重度のクルマ好きが高じて脱サラ。フリーの翻訳家としてAUTOCAR JAPANの海外記事を担当することに。目下の夢は、トリノやサンタアガタ、モデナをレンタカーで気ままに探訪すること。おっちょこちょいが泣き所。

長期テスト アウディQ4 eトロンの前後関係

前後関係をもっとみる

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

アウディ eトロンの人気画像