アルピーヌA110 個性を高めた最新モデル、欧州発表 仕様向上とラインナップ整理

公開 : 2021.11.25 06:25

アルピーヌのA110が改良を受け、2022年モデルに。グレードを刷新し、車載システムも強化されています。

ラインナップ整理

アルピーヌが誇るスポーツクーペ、A110の2022年モデルが欧州で発表された。ラインナップの刷新と新システムの導入が行われている。

引き続き3つのモデルが用意されているが、従来の「A110ピュア」は「A110」に、「A110レジェンド」は「A110 GT」に名称変更された。最上位の「A110 S」はこれまでと変わらない。価格はA110が4万9905ポンド(約770万円)、GTが5万9355ポンド(約910万円)、Sが5万9955ポンド(約920万円)からとなっている。

アルピーヌA110 S
アルピーヌA110 S    アルピーヌ

専用のエンジンとシャシー構成を明確な差別化要因とし、「それぞれが独自の個性と領域を持つ」という。

各モデルの個性を強調

エントリーモデルのA110は、引き続き軽量と俊敏性を優先している。車重1102kg、前後重量配分を44:56とすることで、「あらゆる状況下での効率性とコミュニケーション能力」を実現し、「純粋なドライビングプレジャー」を約束している。

最高出力251ps、最大トルク32kg-mの1.8Lターボ4気筒エンジンと7速ATを装備し、0-100km/h加速は4.5秒と謳われている。

アルピーヌA110
アルピーヌA110    アルピーヌ

A110 GTでは、出力を300psに高め、長距離走行での洗練性を重視している。車重は1119kgと若干重くなるが、出力向上により0-100km/h加速をわずか4.2秒で達成する。専用の18インチアルミホイール、レザーシート、スポーツエグゾースト、強化ブレーキが特徴的だ。

A110 Sでは、「強烈にスポーティで、アルピーヌらしい」ドライビング・エクスペリエンスを実現するという。カーボンファイバー製エアロパーツ(リアウィングなど)、18インチホイール、オレンジ色のブレーキキャリパー、ブラックのバッジなどにより、他モデルとは一線を画している。また、オレンジとブラックのツートンカラーもオプションで用意されている。

エアロパッケージとオプションのミシュラン・パイロット・スポーツカップ2コネクト(セミスリックタイヤ)を装着したA110 Sの最高速度は275km/hとなる。

車載システムもアップグレード

内装は、本格的なサーキット走行に対応したものとなっており、アルミペダル、レーシングハーネス対応のサベルト製スポーツシート、マイクロファイバーなどが採用されている。

その他の改良点としては、中空のアンチロールバー、ハードコイルスプリング、4mmの車高ダウン、ステアリングホイールなどが挙げられる。

アルピーヌA110
アルピーヌA110    アルピーヌ

ドライブモードは引き続き、「ノーマル」、「スポーツ」、「トラック」の3種類を用意。ローンチコントロールでは、「よりレーシングスタイルのサウンド」を実現しているという。

全車に、スマートフォンを模したアルピーヌ専用の新しいインフォテインメント・システムが搭載されている。7.0インチのタッチスクリーンで操作するもので、Bluetooth接続、アップル・カープレイ、アンドロイド・オート、音声認識機能を備えている。

交通情報や危険情報など、さまざまなリアルタイムデータを提供するほか、ターボ圧、トランスミッション温度、トルク、パワー、ステアリング角、加速タイムなどを読み取ることができるテレメトリ・インターフェイスを採用している。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

アルピーヌの人気画像