トヨタ・カローラ・ツーリング 1.8ハイブリッドへ英国試乗 クルマ界の十徳ナイフ

公開 : 2021.12.12 08:25

カローラのステーションワゴン、ツーリング。英国へ導入された1.8L仕様を、現地編集部が評価しました。

優れた実用性と乗り心地にトヨタの信頼性

新しいトヨタ・カローラは、実にソツなくまとまっている。ハッチバックもそうだし、ステーションワゴンのツーリングでもそうだ。

英国ではカローラ・ツーリングスポーツと呼ばれるカローラ・ツーリングだが、荷室は広々としていて乗り心地は快適。トヨタに準じた高い信頼性も備わっている。シンプルにカーライフを楽しめる。

トヨタ・カローラ 1.8ハイブリッド・デザイン・ツーリングスポーツ(カローラ・ツーリング/英国仕様)
トヨタ・カローラ 1.8ハイブリッド・デザイン・ツーリングスポーツ(カローラ・ツーリング/英国仕様)

既に英国編集部では、12世代目となる新しいカローラ・ツーリングへ試乗済み。前回のクルマには2.0Lエンジンが載っていたが、今回は1.8Lエンジンのハイブリッドを試してみたい。トランスミッションは、共通してCVTとなる。

排気量が減るぶん、ガソリンエンジンの最高出力が小さくなり、それに合わせるように駆動用電気モーターの出力も落とされている。英国仕様の場合、2.0Lはシステム総合で179psを得られたが、1.8Lの方は121psだ。

CO2の排出量もそのぶん少なくなり、英国では税率区分も1つ下に該当する。社用車としての利用を検討している場合は、1.8Lを有力に考えた方がお得になる。

燃費も若干伸び、今回試乗したデザインというグレードは、WLTP値で19.6km/Lから20.4km/Lがうたわれる。実際に筆者が試乗した条件では、長めに高速道路を走った時間も交えて、19.5km/Lという数値が得られた。カタログ値に近い。

ゆったり運転した方が幸せなクルマ

インテリアは、トヨタらしく機能的。荷室容量は581Lあり充分広いといえるが、フォルクスワーゲン・ゴルフ・ヴァリアントは611Lと更に広い。40:60の分割式となるリアシートを折りたたむと、1606Lの空間を得られる。

トヨタの場合は荷室フロアを完全にフラットにもでき、大きな荷物の積み込みも容易。スペアタイヤを省けば、フロア下に隠れた広大な空間を利用することも可能だ。

トヨタ・カローラ 1.8ハイブリッド・デザイン・ツーリングスポーツ(カローラ・ツーリング/英国仕様)
トヨタ・カローラ 1.8ハイブリッド・デザイン・ツーリングスポーツ(カローラ・ツーリング/英国仕様)

フランス流のオシャレで決めた最新のプジョー308 SWの荷室容量は、この2台に及ばない。もし実用性を重視して選ぶなら、カローラ・ツーリングかゴルフ・ヴァリアントということになるだろう。

現代のモデルとして、ダッシュボード中央にはインフォテインメント用のタッチモニターが据えられ、実際に押せるハードボタンも残っている。操作性は良いが、グラフィックやメニュー・レイアウトなどは、ライバルほどの洗練度を得ていない。

英国郊外の道を走らせてみたが、1.8Lハイブリッドは、ドライバーの心に火を付けるタイプではない。トヨタが開発したグローバル・アーキテクチャ、GA-Cプラットフォームを基礎としていても。

欧州仕様のカローラ・ツーリングは、フロントがマクファーソンストラット式、リアがマルチリンク式を採用し、操縦性も強く意識されている。それでも、ゆったりと運転した方が幸せなクルマだといえる。

記事に関わった人々

  • 執筆

    ピアス・ワード

    Piers Ward

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    中嶋健治

    Kenji Nakajima

    1976年生まれ。地方私立大学の広報室を担当後、重度のクルマ好きが高じて脱サラ。フリーの翻訳家としてAUTOCAR JAPANの海外記事を担当することに。目下の夢は、トリノやサンタアガタ、モデナをレンタカーで気ままに探訪すること。おっちょこちょいが泣き所。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事