フォルクスワーゲン・ポロ 1.0 TSIへ試乗 古き良きVWらしさ フェイスリフト

公開 : 2021.12.25 08:25

フェイスリフトを受けたポロ。優れた設計と品質を備えたコンパクトハッチバックを、英国編集部が評価しました。

モデル中期のフェイスリフトで競争力アップ

過ぎ去る時間を誰も止めることはできない。コンパクトカーでも小柄なBセグメントに該当するハッチバックとして、AUTOCARがベストに選んだフォルクスワーゲン・ポロ。現行型は登場からだいぶ月日が過ぎてしまった。

その間にモデルチェンジしたライバルも少なくない。ポロも、リフレッシュする時がやってきた。

フォルクスワーゲン・ポロ 1.0 TSI ライフ(英国仕様)
フォルクスワーゲン・ポロ 1.0 TSI ライフ(英国仕様)

スタイリングは、従来のフォルクスワーゲンが採用していた直線基調のデザインへ、巧みに8代目ゴルフのような新しいテイストをミックスさせている。左右のヘッドライトを結んだ処理が新鮮だが、少し納まりが悪いようにも感じる。

ヘッドライト自体の輪郭は、目尻が下がったカタチに。テールライトは、テールゲートまで伸び大きくなった。引き締まった雰囲気のボディとは、少し対照的にも見える。

フォルクスワーゲンはフェイスリフトに伴い、欧州で展開されるトリムグレードを削った。現在英国で選べるのは、GTIを除くと、ライフとスタイル、Rラインの3段階となる。

英国で販売されているBセグメントとして、ポロはハイブリッドではないモデルのなかで最も高価。1番手頃なポロの価格は、1万7885ポンド(約271万円)から。80psを発揮する自然吸気1.0L 3気筒エンジンを搭載するライフだ。

実際に多く選ばられるであろうポロは、95psの1.0L 3気筒ターボ以上だろう。7速デュアルクラッチATか5速MTが選択でき、1万8825ポンド(約286万円)から提供される。またトリムグレードがRラインへ限定されるものの、109ps仕様も選択できる。

上位クラスに匹敵する高速道路での上質さ

英国ユーザーのうち60%が95psエンジンを選び、75%がライフ・グレードを選択するとフォルクスワーゲンは予想している。今回の試乗車は95psのポロ 1.0 TSI ライフだ。

4年前の発表当時、6代目ポロのストロングポイントの1つが車内の広さだった。それは今も変わらず、空間効率に優れたコンパクト・ハッチバックのまま。より広いモデルといえば、ホンダ・ジャズ(フィット)くらいだろう。荷室容量は351Lある。

フォルクスワーゲン・ポロ 1.0 TSI ライフ(英国仕様)
フォルクスワーゲン・ポロ 1.0 TSI ライフ(英国仕様)

95psを発揮する1.0L 3気筒エンジンは、サウンドが少々荒っぽい。それでも回転フィールは滑らか。5速MTは全体的にレシオが高く、快調にシフトアップしていくには、高めの回転数まで引っ張る必要がある。

燃費は良好で、積極的に走らせても17.5km/L前後は得られる様子。高速道路での上質さは感心するほどで、上位クラスのモデルにも匹敵するものだと思う。

今回のフェイスリフトでポロが獲得した新たな強みが、競争力のある装備。LEDヘッドライトと8.0インチのインフォテインメント用モニター、モニター式のメーターパネル、マルチファンクション・ステアリングホイールなどが標準装備となった。

モニター式のメーターパネルが、車内のモダンさを引き立てている。ただし、英国ではデジタルコックピット・プロをオプションで選ばない限り、モニターの半分が機能しないようだ。

記事に関わった人々

  • 執筆

    イリヤ・バプラート

    Illya Verpraet

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    中嶋健治

    Kenji Nakajima

    1976年生まれ。地方私立大学の広報室を担当後、重度のクルマ好きが高じて脱サラ。フリーの翻訳家としてAUTOCAR JAPANの海外記事を担当することに。目下の夢は、トリノやサンタアガタ、モデナをレンタカーで気ままに探訪すること。おっちょこちょいが泣き所。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

フォルクスワーゲン ポロの人気画像