ポルシェ911 カレラ GTS 後輪駆動の7速MTへ試乗 ターボのサスに480ps

公開 : 2022.01.02 19:05

カレラSとGT3との間の、絶妙なバランスにある992型の911 カレラGTS。英国の一般道で英国編集部が評価しました。

ターボ譲りのサスペンション

昨年末、AUTOCARでは四輪駆動に8速PDKが組み合わされたポルシェ911 カレラ4 GTSに試乗した。年が明けた今回は、後輪駆動に7速MTが組み合わされた、より純粋なカレラ GTSを英国の公道で確かめたいと思う。

最新の911 GT3に続くシリアスな992型の完成度を、よりピュアな構成で検証できる。近年では、911ですらMTを選ぼうというドライバーは少ないという。それでも、ポルシェは後輪駆動にこの選択肢を残してくれた。ダンケシェン。

ポルシェ911 カレラ GTS クーペ(英国仕様)
ポルシェ911 カレラ GTS クーペ(英国仕様)

まず、911 カレラGTSを簡単におさらいしておこう。これまでのGTSは、カレラをベースにした特別パッケージのようなモデルだった。特別に仕立てられたコンポーネントなどは基本的に装備されず、妥当な価格で訴求力のあるオプションが選べる911といえた。

しかし992型のGTSは異なる。サスペンションは入念に手が加えられた911 ターボ譲り。リアサスペンションにはヘルパースプリングが備わり、路面の起伏などで深く圧縮したときや伸長した時に、メインスプリングを支えてくれる。

鋳鉄製のブレーキディスクもターボ譲りで、カーボンセラミック・ディスクも選択できる。PASM(ポルシェ・アクティブ・サスペンション・マネジメント)として組まれるダンパーは、GTSの独自チューニングが与えられている。

カレラSより明らかに意欲的な911

大幅なダイエットを叶えるべく、ライトウエイト・パッケージも用意されている。リアシートを撤去し、918スパイダー風のカーボンファイバー製バケットシートをフロントに搭載。軽量なガラスとバッテリーが組まれる。

その結果30kgの軽量化を実現でき、MTに後輪駆動という組み合わせなら、車重は1500kgを切ることになる。四輪駆動やPDKを選ぶと、少し重くなってしまう。

ポルシェ911 カレラ GTS クーペ(英国仕様)
ポルシェ911 カレラ GTS クーペ(英国仕様)

エンジンもGTS仕様。3.0L水平対向6気筒ツインターボ・エンジンは、カレラSから30ps増強され、最高出力480psを得ている。増加量としては大きくないものの、500馬力に迫る数字だから、1.5tの車重には充分以上だろう。

GTSを見た目で彩ってくれるのは、専用のスポーツエグゾースト。防音材も省かれ、豊かなサウンドを車内で存分に鑑賞できるようになっている。

果たして、911 カレラGTSの完成度は圧巻。ターボより穏やかだし、GT3ほど徹底的というわけではない。それでも、身のこなしの軽いサラブレッド的な性格が一層磨かれ、カレラSより明らかに意欲的な911に仕上がっている。

路面とタイヤとの関係性をドライバーへ伝えてくれる能力では、カレラSとGT3との中間。より911の走りを理解しやすい。

エンジンの個性も濃くなっている。GTSでは6000rpmを超えたあたりから、明確にアグレッシブさが高まる。クランクスピードが上昇する感覚が伝わり、それに応じてカレラGTSのボディは力強く押し進められる。

記事に関わった人々

  • リチャード・レーン

    Richard Lane

    英国編集部ライター
  • 中嶋健治

    Kenji Nakajima

    1976年生まれ。地方私立大学の広報室を担当後、重度のクルマ好きが高じて脱サラ。フリーの翻訳家としてAUTOCAR JAPANの海外記事を担当することに。目下の夢は、トリノやサンタアガタ、モデナをレンタカーで気ままに探訪すること。おっちょこちょいが泣き所。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事