メルセデス・ベンツEQB 350へ試乗 7シーターが○ 銘柄として物足りない部分も

公開 : 2022.01.07 08:25

7シーターの純EV SUVが英国へ上陸。パッケージは魅力的ながら、航続距離などは物足りないと英国編集部は評価します。

同クラスでは他にない7シーター・レイアウト

メルセデス・ベンツの純EV、SUVのEQCやサルーンのEQSと同じく、コンパクトSUVのEQBも内燃エンジンを載せたGLBに似ている。ボディの見た目も、インテリアも。実際、プラットフォームも共有している。

この手法に親近感を覚えるか、刺激が足りないと感じるか、受け止め方は分かれそうだ。たとえ刺激不足だとしても、その仕上がりに訴求力があることは確かだが。

メルセデス・ベンツEQB 350 4マテック(欧州仕様)
メルセデス・ベンツEQB 350 4マテック(欧州仕様)

そもそもGLBは7シーターも選択できる、人気のコンパクトSUV。このEQBをライバルから際立たせているのが、同じく3列目も指定できるシートレイアウトにある。

このクラスの純EVは、アウディQ4 eトロンBMW iX3、フォードマスタング・マッハE、フォルクスワーゲンID. 4、ボルボXC40 リチャージなど混戦模様となってきた。だが、3列シートを選べるモデルは他にない。

EQBは、動力性能でもライバルに引けを取らない。フロア下に容量66.5kWhの駆動用バッテリーが敷かれ、前後に駆動用モーターが搭載される。

リア側は強力な同期モーターで、メインの動力源となるだけでなく、回生ブレーキでも活躍。フロント側にも小型の非同期モーターが載り、四輪駆動を実現できている。

システム総合での最高出力と最大トルクは、トップグレードのEQB 350 4マテックで292psと52.8kg-m。ひとつ下のEQB 300 4マテックでも258psと39.7kg-mが与えられている。

EQB 350の0-100km/h加速は6.0秒と鋭い。発進加速ではホンダシビック・タイプRなどに食い下がることも可能だといえる。

物足りない航続距離と急速充電能力

一方で、航続距離は413kmとやや物足りない。マスタング・マッハE AWDのエクステンドレンジ版ならEQB 350より安い上に、航続距離は539kmと、一度の充電で100km以上遠くへ走れる。アウディやBMWの競合モデルも、より遠くまで到達できる。

急速充電能力も、プレミアムブランドとしてはやや見劣りする。最大100kWまで対応するものの、多くのライバルは150kWが主流。ヒュンダイのアイオニック5なら、350kWにまで対応できる。

メルセデス・ベンツEQB 350 4マテック(欧州仕様)
メルセデス・ベンツEQB 350 4マテック(欧州仕様)

まだ英国には100kW以上の急速充電器は少ないももの、今後増えていくはず。長時間充電ステーションに停めておくのは、あまり気持ちいいものではない。とはいえ、EQBも10%の残量から80%まで、最短30分ほどで充電は可能だという。

今回試乗したEQBは、英国でのリリースを記念したエディション1。フル装備にオプション満載で、20インチのゴールド・ホイールとスポーティなボディトリムで着飾っていた。

エディション1の後に、通常のグレードが提供予定。AMGラインかAMGライン・プレミアムが選択でき、英国ではEQB 300 4マテックの場合は前者で5万2145ポンド(約792万円)から、後者で5万5145ポンド(約838万円)からとなる。

MGライン・プレミアムを選ぶと、19インチ・ホイールが選択肢に加わり、パノラミック・ガラスサンルーフにワイヤレス・スマートフォン充電機能など、装備も充実。カバーの掛かったフロントグリルと、スリムなテールライトは共通だ。

記事に関わった人々

  • 執筆

    リチャード・レーン

    Richard Lane

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    中嶋健治

    Kenji Nakajima

    1976年生まれ。地方私立大学の広報室を担当後、重度のクルマ好きが高じて脱サラ。フリーの翻訳家としてAUTOCAR JAPANの海外記事を担当することに。目下の夢は、トリノやサンタアガタ、モデナをレンタカーで気ままに探訪すること。おっちょこちょいが泣き所。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

メルセデス・ベンツ EQBの人気画像