日産GT-R 欧州市場撤退が決定 騒音規制クリアできず 約13年の販売に終止符

公開 : 2022.03.17 19:05

日産は、騒音規制によりGT-Rの欧州販売を3月をもって終了すると発表しました。後継の情報はありません。

厳しい騒音規制により欧州撤退

現在、最も長く販売されている市販車の1つである日産GT-Rは、今年後半に施行される厳しい騒音規制を考慮して、ついに欧州での販売を終了することになった。

欧州での発売から約13年。オーストラリアではすでに側面衝突規制の強化に伴い撤退が発表され、欧州各国でも日産のウェブサイトからGT-Rが消え始めていたが、今回ついに公式発表に至った。

日産GT-R
日産GT-R

AUTOCARに寄せられた公式声明の中で、欧州日産は次のように述べている。

「身近なハイパフォーマンスカーの象徴として欧州で発売されてから13年、同地域におけるGT-Rの生産は、2021年7月1日からのEUおよび英国の新しい騒音規制(No.540.2014)のため、2022年3月をもって終了することになりました」

この規制は、歩行者や道路周辺に住む人々の騒音によるストレスを軽減する観点から、ロードノイズ低減を目的としたもの。2026年にはエンジン音の法的規制値が68dBに引き下げられ、スポーツカーや高性能エグゾーストシステムなどを製造するメーカーに大きな影響を与える可能性がある。

GT-Rの欧州最終モデルは夏に発売予定だが、後継モデルの計画は明らかにされていない。

後継モデルは「電動化」で実現できる?

現行世代の発表から15年が経過した今月初め、英AUTOCAR編集部が再試乗したGT-Rニスモは最高出力600ps、価格にして18万ポンド(約2800万円)のハイエンドモデルだが、最高出力530psの標準モデルはその半分程度の価格で購入することができる。

日産の内田誠CEOは最近、AUTOCARに対し、GT-Rが次の「R36」世代まで生き残る手段を電動化によって実現できるかもしれないとほのめかした。

日産GT-R
日産GT-R

「どうすれば電動化できるかを検討しています。妥協のない、本当にプロフェッショナルなスポーツカーだと思います。新型Zはわたしのようにスポーツカーが好きな人のためのものです。GT-Rはプロフェッショナルなマシンなので、将来のために何とかしなければなりません」

GT-Rの撤退により、日産が欧州市場で展開するスポーツカーは1台もなくなった。新型Zは非ハイブリッドのV6エンジンを採用しており、企業平均排出量に悪影響を及ぼすため、欧州では販売されない。

興味深いことに、日産は最近、パフォーマンスモデルに使用される次世代EVプラットフォームの存在を示唆する未来的なオープンカー・コンセプト「マックス・アウト」を公開している。

このコンセプトは、そのスタイリングや技術面では明らかに数年先の未来を見据えたものが、「最上級の安定性と快適性」、タイトなハンドリング、少ないボディロールといった特性が与えられており、少なくともGT-Rから何らかのインスピレーションを受けていることが伺える。

記事に関わった人々

  • 執筆

    フェリックス・ペイジ

    Felix Page

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

おすすめ記事

 

日産 GT-Rの人気画像