AMG最強で初のPHEV メルセデスAMG GT 63 S Eパフォーマンスへ試乗 トルク149.3kg-m 前編

公開 : 2022.04.25 08:25

新次元といえる領域へ高められた動力性能。AMGとして最強で初のPHEVを、英国編集部が評価しました。

リアモーター追加で843psと149.3kg-m

いよいよメルセデスAMGにも電動化の波がやってきた。今回試乗したGT 63 S Eパフォーマンスは、AMGの量産モデルとして初めてのプラグイン・ハイブリッド(PHEV)。加えて、これまでで最もパワフルなAMGでもある。

ボディスタイルは、写真でおわかりの通り2018年に販売が始まったGT 4ドアクーペ。4.0L V8ツインターボエンジンのほかに、リアアスクル側に2速ATと一体で、駆動用モーターが搭載されている。

メルセデスAMG GT 63 S Eパフォーマンス(欧州仕様)
メルセデスAMG GT 63 S Eパフォーマンス(欧州仕様)

V8エンジンのパワーは、AMGがスピードシフトと呼ぶ9速マルチクラッチ(MCT)ATを介し、四輪を駆動。リアタイヤは、エンジンとモーター、両方のパワーを受け持つことになる。

ただし、AMGの最高技術責任者を務めるヨッヒェン・ハーマン氏によれば、近いうちにもっと凄いものが発表されるという。こちらも気になるところだが、本題を続けよう。

駆動用モーターは電圧400Vで稼働し、最高出力は203ps。639psを発揮するガソリンエンジンが組み合わさり、システム合計での最高出力は実に843psに達する。AMG GT ブラックシリーズより113psも勝る。

ちなみにライバルと比較してみると、PHEVのポルシェパナメーラ・ターボS Eハイブリッドの最高出力は、システム合計で700ps。内燃エンジンのみのBMW M5 コンペティションは624psだから、いかにパワフルなのかがわかる。

さらに、GT 63 S Eパフォーマンスで印象的なのが最大トルク。駆動用モーターの力が加わり、91.4kg-mから一気に149.3kg-mへと高められている。

0-100km/h加速2.9秒、最高速度315km/h

AMGダイナミック・セレクトという名のドライブモードには、スリッパリー(滑りやすい)、エレクトリック、コンフォート、スポーツ、スポーツ・プラス、レースという6段階が用意された。

サスペンションやエンジンなどをドライバーが個別に調整できる、インディビジュアル・モードもある。

メルセデスAMG GT 63 S Eパフォーマンス(欧州仕様)
メルセデスAMG GT 63 S Eパフォーマンス(欧州仕様)

駆動用バッテリーは、駆動用モーターを覆うように搭載される。約560セルで構成され、容量は6.1kWh。液冷システムが組まれており、コンディションを保つという。

この駆動用バッテリーは、今のところGT 63 S Eパフォーマンスのみに採用されている。メルセデス・ベンツがラインナップする従来のPHEVより、エネルギー密度は2倍もあるそうだ。

充電ポートはリアバンパーの右側。AC充電器で、最大3.6kWのスピードで充電できる。バッテリー容量が小さいということで、DCの急速充電器には対応していない。

PHEVのシステムが加わり、車重は通常のAMG GT 4ドアクーペから大幅に増え、2380kgに達した。それでも、0-100km/h加速を2.9秒でこなし、315km/hの最高速度を誇る。

駆動用バッテリーが満充電の状態で、モーターだけで走れる距離は最長12kmと短い。そのため、CO2の排出量はPHEVとしては多めの180g/km。WLTP値での燃費は、12.7km/Lがうたわれる。

「主に、パフォーマンスへ焦点が向けられています。電気で走る能力は与えていますが、航続距離が優先事項ではありませんでした」。とハーマンは説明する。

記事に関わった人々

  • 執筆

    グレッグ・ケーブル

    Greg Kable

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    中嶋健治

    Kenji Nakajima

    1976年生まれ。地方私立大学の広報室を担当後、重度のクルマ好きが高じて脱サラ。フリーの翻訳家としてAUTOCAR JAPANの海外記事を担当することに。目下の夢は、トリノやサンタアガタ、モデナをレンタカーで気ままに探訪すること。おっちょこちょいが泣き所。

AMG最強で初のPHEV メルセデスAMG GT 63 S Eパフォーマンスへ試乗 トルク149.3kg-mの前後関係

前後関係をもっとみる

関連テーマ

おすすめ記事

 

メルセデスAMG GTの人気画像