世界を変えたSUV 30選 前編 昨今のトレンドを作り出した名車たち

公開 : 2022.05.14 06:05

SUVの人気はとどまるところを知らない。新しいジャンルを切り開き、世界を変えた30台のクルマを振り返る。

世界的ブームのSUV その道程を振り返る

SUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)は、ここ数年、世界を席巻している。

販売の中心はSUVやクロスオーバー車となり、新興企業から伝統的なスポーツカーブランドまで、さまざまなメーカーから多種多様のモデルが発売されている。

SUVの歴史における重要なモデルを、年代順に紹介する。
SUVの歴史における重要なモデルを、年代順に紹介する。

一体、どようにして現在の地位までたどり着いたのだろうか?SUVの歴史と進化を、そのパイオニアとなったクルマたちとともに年代順に紹介する。

ウィリスMB

現代のSUVの原点ともいえるのが、1941年に登場したウィリスMBだ。第二次世界大戦で使用するため、タフでシンプル、かつ頑丈に開発され、四輪駆動で他のクルマが入れないような場所も走ることができた。

約36万台が生産され、世界初の量産型四輪駆動車となった。メーカーであるウィリス・オーバーランドは、MBの愛称である「ジープ」を商標登録した。同社は新しいカテゴリーと、今なお人気のブランドを生んだのである。

ウィリスMB
ウィリスMB

ランドローバーディフェンダー

1948年に初代ランドローバーを発売した関係者の中で、68年間という驚異的な生産期間を予見できた人はほとんどいなかっただろう。

実用車として開発されたランドローバーは、無数のバリエーションを生み出し、200万台以上が販売された。その過程で、ディフェンダーという新しい名前も誕生している。

ランドローバー・ディフェンダー
ランドローバー・ディフェンダー

初代の生産終了から4年近くを経て、2019年に公開された新型ディフェンダーには、まだまだやるべきことがたくさんある。

トヨタランドクルーザー

軍用車を起源とするランドクルーザーは、2021年に70周年を迎えたトヨタの四輪駆動車の象徴だ。新型でも高い評価を得ている。

1951年の発売以来、1000万台以上が生産され、厳しい地形や故障が許されない場所で選ばれ続けている。写真のJ60は1980年から1990年まで生産されたもので、ボディやシートのバリエーションが豊富である。

トヨタ・ランドクルーザー
トヨタ・ランドクルーザー

ジープ・ワゴニア

ジープに多大な影響を与えたもう1つのモデル、ワゴニアは、今日の高級SUVの先駆者である。1963年の発売当初から、独立懸架式フロントサスペンション、パワーステアリング、エアコンなど、高度な装備を誇っていた。

29年間の生産期間の中で、豪華な装備やパワフルなエンジンがどんどん追加されていった。いかに時代の先端を走っていたかを物語るモデルと言える。

ジープ・ワゴニア
ジープ・ワゴニア

レンジローバー

1970年の初代モデル発売以来、レンジローバーほど、シックなスタイルとどこにでも行ける性能を併せ持つクルマはない。5代目となった現在、これまで以上にラグジュアリーを追求する一方で、他のSUVには手が届かない場所に到達するためのハードウェア(最近ではソフトウェア)も備えている。

レンジローバー
レンジローバー

記事に関わった人々

  • 執筆

    AUTOCAR UK

    Autocar UK

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の英国版。
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

おすすめ記事

 

自動車ニュースの人気画像