自動車解説 世界で最も高価なクルマランキング 16選 史上最高額の名車・希少車も

公開 : 2023.09.02 18:05

2. フェラーリ250 GTO – 7000万ドル(約101億円)

フェラーリ250 GTOから王座を奪取したのは、別の250 GTOだった。この車両はドイツのレーシングドライバー、クリスチャン・グレーゼル氏から米国の自動車部品王デビッド・マクニール氏への個人売買で7000万ドルの値がついた。

この個体には輝かしいレースの歴史があり、1964年のツール・ド・フランスで優勝、1963年のル・マン24時間レースでは4位入賞を果たしている。また、一度もクラッシュしたことがなく、専門家によれば、それが絶大な価値の鍵だという。

2. フェラーリ250 GTO - 7000万ドル(約101億円)
2. フェラーリ250 GTO – 7000万ドル(約101億円)

出典:CNN

3. フェラーリ250 GTO – 3811万5000ドル(約55億8600万円)

オークションで落札された最も高価なクルマ3台のうち2台がフェラーリ250 GTOである。これほどまでに高い評価と神秘性を獲得したクルマは世界でも他になく、それは過去のオークションでの記録的な落札実績によって裏付けられている。パワフルな3.0L V12、見事なバランスのシャシー、モータースポーツの系譜により、このクルマ自体がこの時代の最高傑作の1つと言える。250 GTOはわずか39台しか製造されず、この個体はジョー・シュレッサー氏によってレースで使用された。

出典:ボナムズ

3. フェラーリ250 GTO - 3811万5000ドル(約55億8600万円)
3. フェラーリ250 GTO – 3811万5000ドル(約55億8600万円)

4. フェラーリ335スポーツ・スカリエッティ – 3570万ドル(約52億3200万円)

この1957年製のフェラーリ335スポーツ・スカリエッティは、2016年初頭にオークションで落札された際、レーシングカーの史上最高落札額を塗り替えた。以前は個人コレクターが40年間所有していたが、1957年のセブリング12時間レースにピーター・コリンズ氏とモーリス・トランティニャン氏が出場したことから大きな注目を集めた。その後、ヴォルフガング・フォン・トリップス氏がステアリングを握り、ミッレミリアに出場。こうした実績が、このような高値につながるのである。

出典:アートキュリアル

4. フェラーリ335スポーツ・スカリエッティ - 3570万ドル(約52億3200万円)
4. フェラーリ335スポーツ・スカリエッティ – 3570万ドル(約52億3200万円)

5. メルセデス・ベンツW196 – 2960万ドル(約43億3800万円)

このグランプリカーはメルセデス・ベンツで2番目に高価なクルマである。ファン・マヌエル・ファンジオ氏がドライブし、1954年のドイツGPとスイスGPで優勝した経歴を持つ個体で、2013年にオークションで落札された当時、史上最高額を記録した。

出典:ボナムズ

5. メルセデス・ベンツW196 - 2960万ドル(約43億3800万円)
5. メルセデス・ベンツW196 – 2960万ドル(約43億3800万円)

記事に関わった人々

  • 執筆

    AUTOCAR UK

    Autocar UK

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の英国版。
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    平成4年生まれ。テレビゲームで自動車の運転を覚えた名古屋人。ひょんなことから脱サラし、自動車メディアで翻訳記事を書くことに。無鉄砲にも令和5年から【自動車ライター】を名乗る。「誰も傷つけない」「同年代のクルマ好きを増やす」をモットーにしている。イチゴとトマトとイクラが大好物。

関連テーマ

おすすめ記事