ふしぎなモノも? 米国車、ダッシュボード進化の歴史 後編

2019.04.29

サマリー

デジタル化の進展とともに、キャビンには数多くのスイッチやボタンが並ぶ時代が続きましたが、最新のテスラではスクリーンにほとんどの機能を集約し、ミニマリズムの極致とでも呼ぶべきデザインが採用されています。最高のインテリアを求める旅はこれからも続きます。

もっと深堀り

 
最新海外ニュース

人気記事