ケータハム・セブン420R 10台限定「ドニントン・エディション」に試乗

2017.07.31

サマリー

ケータハムの限定車で、公道でも使用できるレーシングカーがこのたび発売されます。快適性とポテンシャルを上げているようですが、どんな仕上がりなのでしょう?

■どんなクルマ?

マクラーレン570GTと張り合える

ドニントン・パークをご存知の方ならば、このクルマが纏うカラーリングが何を意味しているのかすぐにわかるだろう。

ブルーとホワイトはサーキットのコーナーを意味し、タイヤウォールに沿ったフラッシュレッドは、サーキットのロゴにちなんだものだ。

この、ケータハムセブン420Rドニントン・エディションは、ケータハムの60周年と、ドニントン・パークの40周年を祝うモデルとなっている。

一般的なモデルとは一線を画し、ドニントン・エディションはブカトラックが製造を担当する。10台が製造され、販売価格は£47,500(690万円)だ。

ケータハムのラインナップのなかで、420Rの位置づけは620Rの弟分といったところ。スーパーチャージドのエンジンはないため、荒くれ者ではないようにも思えるが、213psの2ℓフォード製デュラテックエンジンを、わずか560kgの車体に載せているため、パワーウェイトレシオはマクラーレン570GTと張り合える数値。やはり驚異的な速さ、である。

 
最新試乗記

人気記事