海外試乗

2018.02.14

トヨタ・ランドクルーザー2.8ℓ直4ディーゼル 2018年型を英国試乗

トヨタ・ランドクルーザー2.8 D4-Dインヴィンシブル

テスト日 : 2017年02月01日

価格 : 5万2295ポンド(782万円)

文・マット・プライヤー 

編集部より

トヨタ・ランドクルーザーの2018年型に英国編集部が試乗しました。ライバルを挙げるならばボルボXC90となりますが、ランドクルーザーは「実用性を最優先」。乗り手によって大きく評価が変わるでしょう。

もくじ

どんなクルマ?
「必要とするひとが買ってくれます」
エンジンやオフロード走破性の変化は

どんな感じ?
トヨタの「十分」 多少の音は当たり前
内装は実用主義 ただし装備は充実

「買い」か?
実用主義ならば5つ星 求めに応える

スペック
トヨタ・ランドクルーザー2.8 D4-Dインヴィンシブルのスペック

どんなクルマ?

「必要とするひとが買ってくれます」

トヨタ・ランドクルーザーの良いところは、「どこにでも」連れ出せるところだ。

確かに「どんなところにでも分け入ることができる」が、それだけではない。買い物、商談、狩り、建設現場、劇場、ポニー・クラブの試合。どこに行っても、何でもないかのように役目を務めてくれるということだ。

そんな感じで、この(少なくともイギリスでは)トヨタ最大かつ最も贅沢で高価でイカしたオフローダーは、とても気になる。多用途性も、クラスレスな性格もあるのに、「必要とするひとが買ってくれます」と自ら声高に主張しようとはしないのもいい。

さておき、このクルマは2009年に現行型になってから数回のマイナーチェンジを経たが、この2018年モデルでまたかなりの改良を受けた。この間、ほとんどのライバルはプラットフォームも含めて全く新しくなってしまった。

ライバルとは、ランドローバー・ディスカバリー(本拠地イギリス以外でも真っ向勝負だ)、日産パトロール(イギリスには入っていない)、ジープ・グランドチェロキー、ボルボXC90、そしてBMW、アウディ、メルセデスの「高級」志向SUV……というか結局大型4WD車全てだ。

しかしライバルがどうであれ、ランドクルーザーの本質は変わらない。特徴的なフレーム骨格は、今回捻り剛性が11%向上したという。その上に載るボディも、変わったのは冷却効率を上げるために細部が少し手直しされ、見切りをよくするためにフロントフェンダーが高くなった程度だ。

ボディは3ドアと5ドア、5人乗りと7人乗りがある。最高グレードの「インヴィンシブル」はその全てに用意され、5ドアで5万2295ポンド(782万円)というお値打ち感からイギリスでは一番売れている。

さらに、ランドローバー・ディフェンダーの販売が今のところ止まっているのに目を付けたのか、もっと廉価で道具的なグレード「ユーティリティ」も用意してきた。これは3ドアのMTが3万2795ポンド(491万円)から手に入る。まだトヨタも、多様な上屋を載せられる汎用的なフレーム構造のメリットを忘れてしまったわけではないようだ。

next pageエンジンやオフロード走破性の変化は

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ

        ×