国内試乗

2019.03.09

新型マツダ3(アクセラ)開発車に試乗 新旧・雪上評価で見えた、シャシー制御の進化

マツダ3プロトタイプ

テスト日 : 2019年2月27日

価格 : -

文・川島茂夫 撮影・前田恵介 

編集部より

新型マツダ3(アクセラ)の開発車両を、試乗取材することができました。新世代のシャシー制御、AWDを現行型と乗り比べます。マツダはどんな手を打ってきたのでしょうか。

もくじ

どんなクルマ?
北米仕様2.5ℓプロトタイプ

どんな感じ?
GVC 人間に例えると…
GVCプラス 雪上で分かったこと
GVCプラス ON/OFFを比較
4WDの進化 新/旧を比較

まとめ
新型マツダ3 ポイントは前席
新旧マツダ3 ココが違う

どんなクルマ?

北米仕様2.5ℓプロトタイプ

国内向け車名が「マツダ3」となるか「アクセラ」となるか。業界内井戸端では「マツダ3」が有力だが、いずれにしても現行アクセラの後継車である。マツダ3では高圧縮自己着火ガソリンエンジン(爆縮で燃焼促進させるためのプラグを備える)のスカイアクティブXの搭載が予想されているが、それは先の話のようだ。

新型車のプロポーションや骨格レイアウトは現行アクセラによく似ている。車体サイズもほぼ同じだ。ただし、剛性配分などのフレーム設計に新しい理論を導入。リアサスはマルチリンク式からトーションビーム式となった。

リアサス形式については従来の視点からすると退歩のように思われるが、トーションビームの中央を括れさせた形状により横力への剛性を高めながら柔軟なロール特性を実現させている。マルチリンク式なみの性能を維持し、なおかつ軽量化が図れるのが大きな強味である。

試乗したのは北米向け市販プロトの2.5ℓ車。しかもいきなり雪上試乗である。国内一般用途での実力を図るには難しい状況だが、これまでのマツダ車の一般走行と雪上走行での関連を考えれば大まかな推測は可能だ。

また、マツダ3の走行性能面の特徴のひとつにiアクティブAWD(4WDシステム)があり、この効果を確認するには最適な状況でもある。

next pageGVC 人間に例えると…

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ