海外試乗

2019.03.11

最新G20型BMW 330e プラグイン・ハイブリッド プロトタイプに試乗

BMW 330e ハイブリッド

テスト日 : 2019年3月5日

価格 : 3万8000ポンド(529万円・予想)

文・リチャード・レーン 

編集部より

最新のBMW 3シリーズには、F30型同様にプラグイン・ハイブリッド仕様も追加されます。走りで優れた3シリーズのイメージを、より強める仕上がりを得ているといえそうです。ドイツのテストコース周辺で、プロトタイプの仕上がりを確認しました。

もくじ

どんなクルマ?
F30では1/3がプラグイン・ハイブリッド
どんな感じ?
増えた車重をうまく包み隠す
EVとして110km/hまでをカバー
「買い」か?
ハイブリッド・サルーンとしてクラス最有力候補
スペック
BMW 330e ハイブリッドのスペック

どんなクルマ?

F30では1/3がプラグイン・ハイブリッド

間もなく入れ替わるF30型BMW 3シリーズでは、全体の販売台数のうち、どれほどの割合でプラグイン・ハイブリッドが選択されたのか、読者の皆さんは御存知だろうか。10%ほど?いや、正解は30%を越えている。

会社からの貸与など、現物給付目的での購入割合が低く、環境性能で優れていながら通常のエンジン仕様と同様の、3シリーズらしい動力性能を保持していることの裏付けだといえるのではないだろうか。走り方にもよるが、控えめとはいえ、40kmほどの距離を電気の力だけで走行することもできた。

BMWとしては、現行型に引き続いて新世代のG20型3シリーズでも、ハイブリッドは同様以上の人気を獲得すると期待している。クルマのレシビは、基本的にF30型と同じだ。7シリーズやX5のプラグイン・ハイブリッド版が6気筒ではなく4気筒エンジンを搭載するように、330eにも2.0ℓの4気筒ターボエンジンを搭載。330iに搭載されているものと同じユニットだが、最高出力は控えめに調整されている。

反面、車重はハイブリッドシステムのおかげで200kgほど増しており、Dセグメントのサルーンの中では、なかなかの重量級になっている。今回は限られた条件となったが、プロトタイプの仕上がりを確かめてみよう。

next page増えた車重をうまく包み隠す

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ