V8を五感で体感 マクラーレン720Sスパイダーに試乗 性能はクーペと遜色なし

2019.07.05

100字サマリー

マクラーレンの中でもさらに高性能スポーツカーなラインナップとなる「スーパーシリーズ」にオープントップ・モデルが登場。フェラーリやランボルギーニのライバル勢と真っ向勝負を挑みます。スパイダーに求めらる特殊性に、マクラーレンはどう答えたのでしょうか。

もくじ

どんなクルマ?
バットレスにガラスを採用し後方視界を確保
オープンなら325km/h、クーペなら341km/h
どんな感じ?
4.0ℓV8ターボエンジンを体感できるシアター
720psと78.3kg-mのフェスティバル
Eクラス・カブリオレのようにも流せる
「買い」か?
揺るぎない720Sスパイダーの訴求力
スペック
マクラーレン720Sスパイダーのスペック

どんなクルマ?

バットレスにガラスを採用し後方視界を確保

新しく登場したマクラーレン720Sスパイダー。価格は23万7000ポンド(3436万円)。クーペの720Sから720Sスパイダーを作り出すに当たって、実は変更された部分はさほど多くはない。すでに一度試乗はしているものの、英国の道で確かめるのは初めてとなる。

このスーパーカーにまつわる注目すべき数字は沢山あるが、面白いのが12%というもの。ライバルモデルと比較してマクラーレンは安全面も充分に考慮しており、斜め後方の視認性がわずかでも向上することは、評価できるものだろう。新しくデザインし直されたドライバー背後に伸びるバットレスの一部には、透明なガラスが用いられているのだ。

そこを支点に展開するカーボンファイバー製のルーフは、センターコンソールのトグルスイッチを押すと作動。すべてのプロセスは11秒で完了する。またカーボンファイバー・モノケージⅡと呼ばれるタブシャシーと一体になっていた、ルーフ中央の構造がなくなった。運転席に座ると上方に伸びていた骨格だから、明確にその違いが体感できる。

 
最新試乗記