希有な直6ディーゼル BMW 330d Mスポーツ 試乗 英国でのトップグレード

2019.09.02

100字サマリー

先代のF30型3シリーズでは、6気筒ディーゼルを積んだクルマが余裕のある大人なエグゼクティブ・パフォーマンスサルーンとして、ベストグレードといえました。それでは最新G20型ではどうでしょう。

もくじ

M3が出るまでは英国でのトップグレード
ライバルを凌駕するストロングポイント
ライバルの少ない直列6気筒ディーゼル
ドライバーにとってクラス一番の輝き
BMW 330d Mスポーツのスペック

M3が出るまでは英国でのトップグレード

translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

もはや多くの説明を必要としない、コンパクトで控えめなエグゼクティブ・サルーンの代表格でもある、BMW 330d。6気筒ディーゼルを搭載し、運動神経の優れた3シリーズは個性的な存在だ。BMWはパフォーマンス・ディーゼルというコンセプトを熟成させ、3シリーズの「d」はビジネス・エクスプレス・サルーンとして、誰にとっても理想的なクルマへと進化したといえそうだ。

ライバルブランドを見ても、アウディ以外はディーゼルから距離を置こうという今のご時世。欧州でもガソリンエンジン・ベースのプラグインハイブリッドに流れる動きもあるものの、ホットなディーゼルモデルの立場を危うくするほどの人気とまでは至っていない。

BMW 330d Mスポーツ
BMW 330d Mスポーツ

エンジンを得意分野とするBMWは、自らの強みをしっかりと理解しており、ディーゼルエンジンの支持も把握している。G20型へと進化した330dは、英国のショールームでは唯一4万ポンド(520万円)の王代を超えるグレード。M3が登場するまでは、英国トップグレードとして君臨することになる。

下位グレードと異なり、330dに用意されるのは、標準とMスポーツのみ。だが後輪駆動か4輪駆動かは選択ができる。エンジンはBMW製のB57と呼ばれる3.0L直列6気筒ディーゼルで、ツインターボ化により264psを発生。Mスポーツではない場合、サスペンションは普通のパッシブダンパーで、ホイールサイズは標準で18インチとなるが、オプションで19インチも選べる。タイヤはランフラットタイヤが付いてくる。

 
最新試乗記