古典的スポーツカー比較試乗 ケーターハム・セブン vs マツダMX-5 vs トヨタGT86 vs 日産370Z vs フォード・マスタング 中編

2019.10.13

100字サマリー

フロントエンジン・リア駆動に自然吸気エンジンとマニュアルギアボックスを組み合わせたモデルと言えば、かつてはスポーツカーの定番でしたが、時代の変遷とともにいまや絶滅危惧種ともいえる状況となっています。今回はそんな希少な5台の比較試乗をお送りします。

もくじ

自然吸気エンジンへのこだわり
楽しめるハンドリング エンジンには不満
いまだ現役 実は50周年
古き良きスポーツカー ドライバーを笑顔に
本物のマッスルカー ケーターハムの対極

自然吸気エンジンへのこだわり

今回集まったすべてのモデルのなかでMX-5はもっとも見慣れた存在であり、世界でもっとも売れたロードスターいう事実がそれを証明している。そして、このクルマはその4世代、30年に渡る歴史を通じて、断固としてその当初からの原理原則を守り続けているのだ。

確かにエンジン排気量は拡大し、ギアボックスの段数は増えたが、基本的なシンプルさには何ら変わりがない。

より重量級のMX-5では184psのエンジンパワーがベストマッチだ。
より重量級のMX-5では184psのエンジンパワーがベストマッチだ。

さらに、量産メーカーとしてマツダほど自然吸気エンジンにこだわっているところはなく、それはこのクルマのエンジンサウンドと2.0Lエンジン(1.5Lがエンジンを選択することも可能だ)紡ぎ出す184psのパワーデリバリーの様子に見て取ることができる。

ケーターハム同様、その加速に遅れや唐突なトルクの発生といったものはなく、スロットル開度に応じた見事なレスポンスを返すだけだ。速いというよりも活発だと表現した方が相応しいかも知れないが、それでも7000rpmを越えればこのエンジンは十分なパワーを発揮し、ドライバーはもはやパワー不足など感じることない。

さらに、滑らかでクイックなシフトチェンジが可能なマニュアルギアボックスが、このエンジンの魅力を最大限に楽しませてくれる。MX-5らしく、ハードに走らせてみればそれなりのボディの動きが感じられるが、ドライバーは実際の路上でも容易に試すことのできるこのクルマの限界を簡単に知ることができる。

 
最新試乗記