[ABARTH 70周年]嶋田智之が、いま見つめるABARTH 595

FFでも退屈じゃない 最新F40 BMW 118i Mスポーツに試乗 モダンなハッチバック

2019.10.21

100字サマリー

実用性と上質さが大幅に引き上げられたBMWのコンパクト・ハッチバック、1シリーズ。英国の荒れた路面でも優れた乗り心地を披露しました。前輪駆動となっても、嘆く必要はないと英国編集部はまとめています。

もくじ

変化するBMWのドライバーを支える
広く実用性の上がった車内
活発なエンジンと良く調律された操縦性
ドライバーが退屈に感じることはない
BMW 118i Mスポーツのスペック

変化するBMWのドライバーを支える

text:Matt Saunders(マット・ソーンダース)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
英国にも上陸した3世代目となる新しいBMW 1シリーズ。このF40型になって多くの意見が上がるようになったが、筆者としては今の時代にあるべき姿だと思っている。

1980年代のサルーンのイメージが強い層にとって、本物のBMWではない感じる人もいるだろう。だが現代の1シリーズのターゲットとする層が描くイメージは、大きく異なっている。E34型の5シリーズを愛車としてきたドライバーには、少し理解しにくいモデルかもしれない。

BMW 118i Mスポーツ
BMW 118i Mスポーツ

2019年のいま、BMWを購入しようという30歳前後のドライバーにとって、BMWといえばX1やX3、2シリーズ・アクティブツアラーが代表されるモデル。実際、街なかでこれらを目にする機会も多い。BMWの変化するドライバー層を支えることが、1シリーズの大切な役目なのだ。

新しい1シリーズの後ろ姿は、3シリーズのように、どこかレクサスっぽい。フロントやサイドは、エッジの立った織り目が多用されたデザインだだが、強い個性までは得られていないと思う。

一方で新しい1シリーズのスタイリングには、かつてのBMWのイメージを継承している部分もある。充分に考えられ、不格好とは感じられないスタイリングだと思う。読者はいかがだろうか。

エンジンは、英国ではディーゼル版が115psの116dから始まり、190psの120d xドライブが最もパワフルなものとなる。ガソリン版は今回試乗する140psの118iから始まり、M135i xドライブが頂点を飾る。

グレードはSEとスポーツ、Mスポーツとおなじみのラインナップ。オプション・パッケージも従来どおり用意される

 
最新試乗記