【ディーゼル+PHEVのメリット】メルセデス・ベンツE300de EQパワー(1) 長期テスト

2020.02.22

100字サマリー

長距離走行に最適なディーゼルエンジンに都市部に適したハイブリッドと、ステーションワゴン・ボディという、理想的な組み合わせに思えるE300de。短距離ながらEVモードでの走行も可能です。その実力の高さを、長期テストで確認します。

もくじ

初回 2.0LディーゼルのPHEV
増えた車重や減った荷室を相殺できるか
長く楽しみたくなるEVモード走行
セカンドオピニオン
テストデータ

初回 2.0LディーゼルのPHEV

text:Andrew Frankel(アンドリュー・フランケル)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
長期テストで導入したメルセデス・ベンツE300de。特徴的なのが、逆風のディーゼルエンジンにプラグイン・ハイブリッドが組み合わされていること。Cクラスと合わせて、英国で手に入る唯一のモデルといって良い。他のPHEVはおしなべて、ガソリンエンジンが搭載されている。

ディーゼルとPHEVという組み合わせは、筆者は最高のセットアップだと思える。通常、プラグイン・ハイブリッドの恩恵が得られるのは、基本的に都市部でのみ。高速道路を長時間走る場面では、大きな電動化システムをエンジンが一緒に運ぶことになる。

メルセデス・ベンツE300de EQパワー SEエステート(英国仕様)
メルセデス・ベンツE300de EQパワー SEエステート(英国仕様)

長距離の場合、重たいクルマをガソリンエンジンで走らせるというPHEVの事実。メルセデス・ベンツのアプローチは、重いシステムを積んでいることは変わらないものの、効率性に優れるディーゼルエンジンを選択したところがポイントだ。

都市部では、ディーゼルエンジンが排出する微粒子や二酸化炭素への目が厳しいが、300deなら電気モーターでの推進に切り替えれば良い。PHEVらしく静かにEVモードで走行でき、充電できる。

考えるほど、現状での完璧な組み合わせに思えてしまう。燃料を燃やす量は最小限でありつつ、1度の給油や充電で走れる距離も、充分に長い。

もちろん、カタログやスペック上では非常に良い内容に思えても、実際に使ってみると欠点が見えてこない例は殆どない。もちろん300deにもいくつかある。

 
最新試乗記