【AMG製SUVの頂点】メルセデスAMG GLS 63 V8+マイルドHVで625ps

2020.03.26

100字サマリー

豪華な7シーターSUVに、妥協知らずのV8エンジンを搭載したGLS63。他のSUVでは味わえないような鋭い加速と機敏な身のこなしだけでなく、上質な乗り心地も兼ね備えています。主要市場の北アメリカで評価しました。

もくじ

4.0L V8ツインターボ+マイルドHV
スポーツカーのように鋭く加速する
峠道が楽しいと感じるほど
選ぶべきはGLS 63か、GLE 63か
メルセデスAMG GLS 63 4マティック+のスペック

4.0L V8ツインターボ+マイルドHV

text:Yoshi Kimura(ヨシ・キムラ)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
増え続けるメルセデスAMGのハイパフォーマンスSUVの中でも、先輩格に当たるGLS 63。3代目のGLSをベースとし、北米で生産される。搭載するエンジンは、AMG製の4.0LツインターボV8だ。

時流に合わせて電圧48Vによるマイルド・ハイブリッドを採用し、電気モーターのアシストによる動力性能と燃費の向上を図っている。エンジン単体での最高出力は611ps/5750rpmとなり、エネルギーの回生もまかなう電気モーターの出力は22ps。

メルセデスAMG GLS 63 4マティック+(北米仕様)
メルセデスAMG GLS 63 4マティック+(北米仕様)

システム総合での最高出力は625psで、AMG製の9速ATと4輪駆動システム、4マティック+を介して突き進む。先代のGL 63が積んでいた、廃盤となった5.5L V8ツインターボより48psもパワフルだ。

エンジンの最大トルクは86.3kg-m/2250-5000rpmとなるが、25.3kg-mのトルクを持つモーターと協働し、フルスロットル時には短時間ながら111.7kg-mにまで高めることもできる。

0-100km/h加速は4.2秒。最高速度は249km/hでリミッターがかかるが、オプションのドライバーズ・パッケージを選択すれば280km/hにまで引き上げることも可能。このパッケージでは、タイヤも最高速度に合わせて変更を受ける。

車重2555kgもあるGLS 63だが、アクセルオフ時のコースティング機能や、減速時のエネルギー回生など、いくつかの燃費向上手段が盛り込まれている。だがWLTP値での燃費8.3km/Lと、273g/kmというCO2の排出量は、褒められる数字とはいいにくい。

 
最新試乗記