【スポーツの控えめな主張】スズキ・スイフト・スポーツ(4) 長期テスト

2020.06.28

サマリー

歴代で初めて、ターボエンジンを搭載した新型スズキ・スイフト・スポーツ。クラス・ベストのライバルと競える、運転が楽しくシンプルなホットハッチという個性のままなのか、長期テストで英国編集部が確認します。

もくじ

積算7769km 英国のホットハッチ・ドライバー
標準のスイフトとスイフト・スポーツとの違い
高いシートポジションと小さな燃料タンク
テストデータ

積算7769km 英国のホットハッチ・ドライバー

text:James Attwood(ジェームス・アトウッド)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
ベントレー・コンチネンタルGTのオーナーは、用心深かった。ロッキンガム・モーター・スピードウェイの駐車場。誘導担当者はもっと詰めて欲しかったようだが、オーナーは長期ストのスズキ・スイフト・スポーツと、大きな間隔を開けて駐車した。

念のための保険、といつもりなのだろう。話を聞くと、オーナーは3日前にベントレーが納車されたばかり。慎重になるのは不思議ではない。

スズキ・スイフト・スポーツ(英国仕様)
スズキ・スイフト・スポーツ(英国仕様)

筆者は、スイフト・スポーツのドアをコンチネンタルGTの真新しいボディへ当てる意思がないことを、開け閉めの振る舞いで示した。黒いドアに残る、チャンピオンシップ・イエローの当て傷を恐れたオーナーの気持ちは、率直に理解できる。

愛車を大切にしたい気持ちは、誰でも変わらないだろう。1つ思い浮かんだのが、英国のホットハッチ・ドライバーのステレオタイプ的なイメージを筆者にも当てはめられたのでは、という疑問。やんちゃなドライバーが少なくない。

抑揚の効いたボディに、ツインエグゾースト。鮮やかなボディカラーを見れば、英国ツーリングカー選手権のファンなら、このスイフトがスポーツだということに気づくはず。穏やかな、普通のスイフトではないと。

前回のグッドウッド・フェスティバルの駐車場での反応は、ベントレーのオーナーのものとは対照的だった。隣に停めたクルマのオーナーは、思わず目の行く鮮やかな黄色のスイフト・スポーツをしばらく眺めていた。

 
最新試乗記

人気記事