海外ニュース

2018.07.12

デンドロビウムD-1 全固体電地のスーパーEV 目標は1825ps

編集部より

デンドロビウム・オートモーティブ初の市販EV「D-1」。目標とする最高出力1825ps、最大トルク203kg-m。全固体電地を採用するというスーパーEVの開発・製造国に、イギリスが選ばれました。

もくじ

英国のエンジニアリングの結晶?
生産開始 2019年か
322km/hに向けて 風洞実験へ

英国のエンジニアリングの結晶?

D-1は、デンドロビウム・オートモーティブから発売される初の市販電気自動車。開発や製造はイギリス国内で行われると発表された。

D-1は今夏のサロン・プリヴェで公開予定。開発するデンドロビウム社は、シンガポールの企業、バンダ・エレクトリクス傘下の新企業で、CEOはナイジェル・ゴードンスチュアートだ。彼は以前、マクラーレンやランボルギーニでセールス・マーケティング部門の幹部として働いた経験を持つ。

D-1には全固体電池が用いられ、開発はすべて英国内で行われる。「われわれは完全な自動車統合システムや先進運転支援システムのために、独自のケーブル基盤やコネクターシステムを開発しています。技術的な観点でいえば、D-1は英国のエンジニアリングの結晶といえるでしょう」

D-1は最高出力は1825ps、最大トルクは203.9kg-mを目標に開発が進められているが、これは最高速度322km/hと0-97km/h加速2.7秒を見据えての数値である。また、車重の目標は1750kgで、ボディにはカーボンと最新鋭のコンポジット材、合金が用いられる。車体構造の中心になるのはカーボン・タブだ。

デンドロビウムの役員には、フェラーリやパガーニ、リマックの幹部を務めたイェンス・スベルドラップも含まれる。役員会のトップはマイケル・キンバリーで、彼はロータス・エンジニアリングの創設者のひとりだ。
 

next page生産開始 2019年か

すべての画像をみる

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ