[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

アルピーヌA110S発表 ブーストアップで292psに 足回りも変更

2019.06.14

100字サマリー

アルピーヌはA110に上位版の「S」を追加しました。搭載される1.8ℓターボはブースト圧が引き上げられ、最高出力が292psとなります。シャシーにも変更が加えられ、よりスポーツカーらしくなっているとのことです。すでに受注は開始され、年内に納車開始です。

もくじ

292ps、0-100km/hは4.4秒
乗り心地維持 専用装備を追加

292ps、0-100km/hは4.4秒

アルピーヌはハイパフォーマンスなA110Sを発表した。「本格スポーツカー」であり、スタンダードなA110とは「まったく異なるキャラクター」を持つとのことだ。

搭載される1.8ℓ4気筒ターボにも手が加えられ、ブースト圧も0.4bar高められている。これにより、ピークパワーは50ps引き上げられて292psとなり、その発生回転数も400rpm高い6400rpmとなっている。32.6kg-mの最大トルクは不変だが、2000rpmから6400rpmという幅広い領域で得られるようになった。

7速ATには手が加えられていないが、0-100km/h加速は0.1秒短縮されて4.4秒となり、最高速度は260km/hだ。アルミニウム製ボディは同一であるものの、シャシーのセッティングは変更され、スプリング、ダンパー、アンチロールバーなどが引き締められている。

スタビリティ向上のため、車高は4mm引き下げられた。そして新ホイールや専用のミシュラン・パイロット・スポーツ4(前215/後245)のタイヤを装着する。標準グレードではオプションのブレンボ製キャリパーおよび320mmディスクが標準装備だ。

 
最新海外ニュース