BENTLEY 100th Anniv.[オリジナル記事を見る]AUTOCARのロゴも100年前に

海外ニュース

2019.06.18

次期型ジープ・グランド・チェロキー、3列シート車は? アルファのプラットフォームで

編集部より

次期型グランド・チェロキーは、アルファ・ロメオ・ステルヴィオのプラットフォームを拡大・改良して使用する見込みです。発表は2021年。ハイブリッドや自動運転の導入もありそうです。写真10枚。

現行型より大型化 3列シートの可能性も

ジープは欧州におけるフラッグシップ・モデルの刷新に着手した。それは現行モデルが発売されてから8年も経っているグランド・チェロキーで、今後2年以内にモデルチェンジが行われる見込みだ。そのプロトタイプが初めて米国で目撃された。

ボディには大掛かりなカモフラージュが施されているため、そのデザインはほとんどわからないものの、次期型グランド・チェロキーは現行モデルより大きく、ホイールベースも長くなり、リアのオーバーハングが分厚くなることはうかがえる。リア・オーバーハングの拡大は、このフォルクスワーゲン・トゥアレグのライバルが3列シートを備えることを示唆している。しかし、ジープの製品計画では、2列シートの次期型グランド・チェロキーとは別に、3列シートの新しいモデルが予定されていることがわかる。

これまでの情報で、新型グランド・チェロキーにはアルファ・ロメオの「ジョルジオ」プラットフォームを改良・拡大ししたものが使われることがわかっている。これは2017年に、FCAの前CEOであるセルジオ・マルキオンネが認めている。

とはいえ、FCAの製品計画は、ジープ社長からマルキオンネの後継に就いたマイク・マンレイの元でわずかに変更されているようだ。

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ